日本全国のランナーをつなげるべく、セカンドウィンド四日市の母体クラブであるSWACを全国展開する

・・・という現段階では雲をつかむようなプロジェクトに参画する事となった私ですが、現段階でわかっていることは、今のままのSWAC、そしてセカンドウィンド四日市のシステムでは、将来的にどう考えても立ち行かず、新たなシステムを一から作っていくくらいの意気込みで取り組まなければなりません。

特に私が得意とするITの活用は、今の時代背景から考えても、全国中のランナーの方々を惹きつけるシステムを構築する上でも、必要不可欠な要素だと思っています。

そのITを有効活用するシステムを構築していく上で、今の時代、絶対知っておかなければならないのが「GAFA」のビジネスモデルです。

GAFA 四騎士が創り変えた世界

先日こんな書籍を購入しました。

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

このほんで主役となっているのは「GAFA」ことGoogle・Apple・Facebook・Amazonの4社の事で、今やITの世界を支配していると言っても大げさでないほどの圧倒的なパワーを兼ね備えたIT企業です。

Googleは検索エンジンの雄で、世界中の20億人の人々が自分の疑問などに答え続けている、世界中の情報を支配していると言っても大げさでない企業。

AppleはiPhoneを中心にモバイルやPC機器の憧れの存在であり続ける、IT業界では珍しい高級ブランドとしてのポジションを確立した企業。

Facebookは世界人口75億人のうち、20億人が毎日関わりを持つ、まさに世界中の人々をつなげるための場をインターネットで作り上げた企業。

Amazonは本の販売にはじまり、今や世界中のものを買えるのではないかと思えるほど、圧倒的な商品量とサービス力を誇るネットショッピングサイトを築きあげた企業。

この4社が生み出す富の額は2兆3000億ドルと圧倒的な存在感を持ち、とてつもなく多くの人々の生活を大きく激変させる力を持ったテクノロジー界の雄となっています。

ある意味人一倍GAFAに毒されている私・・・

今の私の生活においても「GAFA」なしに考えられません。

ここ最近、インターネットで検索するときはGoogle以外を使った記憶はなく、メールは「Gmail」、地図は「Google Map」そしてGoogleの子会社であるYoutubeを見ない日はまずありません。

そして私のIT関連機器を見てみるとメインPCは「MacBook pro」、タブレットは「iPad pro」、そして携帯は「iPhoneXS」と、完全なApple信者です。

そして今は諸々の事情でお休み中ですが、私が地元にランニング仲間が一人もいなかった時に、多くの地元ランナーとつながり、コミュニケーションをとったツールは間違いなくFacebook。

そしてインターネットで何かを購入しようと決めた際、ほとんどの場合に最初に開くサイトがAmazonです。

そんなわけで人一倍、GAFAの創り出す世界に魅了されてしまっている感のある私。

もともとGAFAのビジネスモデルにはかなり興味があり、いろいろな本を読んでいたのですが、この本ほどGAFAの魅力、そしてその脅威を教えてくれる本はなく、あっという間に1冊読み終えてしまいました。

GAFAのビジネスモデルより新たなビジネスアイディアを生み出そう

GAFAのスケールは圧倒的で、地方のしがない個人事業主である私が真似できる事など、全くと言っていいほどありません。

ただGAFAの展開するビジネスモデルの中には、今後私が展開していこうとしている事業を進めていく上で、驚くほど多くのヒントが隠されてる気がしていました。

そして今回このthe four GAFA 四騎士が創り変えた世界を読んだ事で、予想以上に多くのヒントを得られたうえ、SWACの事業を通じてとんでもなく面白いことができそうなアイディアが次から次へと浮かんできました。

あとは今回この本を読んで得たヒントや、次から次へと思い浮かんだアイディアを、一つでも多く実現するべく、そろそろSWACの全国展開に向けた動きを本格化していこうと思っています!!

 

今回の記事で紹介した書籍

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界
スコット・ギャロウェイ
東洋経済新報社
売り上げランキング: 455
おすすめの記事