日本全国のランナーをつなげるべく、セカンドウィンド四日市の母体クラブであるSWACを全国展開する

これが2019年の私にとって、最も優先すべく事業だと思っているのですが、今最も重要視すべきなのは、今まで運動をほとんどした事がなかった方や、怪我や病気などが原因で運動から遠ざかってしまった方に向けた取り組みだと思っています。

ただそんな運動初心者の方や運動を再開しようとしている方に、いきなりランニングと言ってもかなり敷居が高いのも事実。

そこでまずはランニングの基礎中の基礎と言えるウォーキングを、SWACの事業とどうつなげていくかを現在思案中です。

来年度こそは大きく動きそうな三重県ウオーキング協会

昨日はアスト津にて三重県ウオーキング協会の今年度最後の理事会が開催されました。

私自身も一応理事、そして事務局次長として活動させていただいている三重県ウオーキング協会は、本来今年度大きな変化を起こすべく1年となるはずでした。

・・・が諸々の事情もあって、なかなか思うようには前に進まない1年となりました。

とは言っても、この1年の間に私が先頭に立って進めているNPO法人化に向けての書類づくり等はかなり進んでおり、来年度にはNPO法人化できるメドも立ちつつあります。

またウオーキング指導者には幅広い年齢層の優秀な人材が少しづつ集めてきてくださっており、新たなアクションを起こすべく土台は確実にできてきつつあります。

ノルディックウォーク関連の頼れる存在・長野スポーツさん

そして昨日の午後は、鈴鹿市白子駅のすぐ近くにある長野スポーツさんに、来年度に向けての打ち合わせへ。

長野スポーツさんはノルディックウォークの普及に並並ならぬ力を入れられており、ノルディックウォーク関連商品の取り扱いはもちろん、ポールのレンタルや指導者の養成まで幅広く事業を行われています。

また津方面において、地元事業者さんとのタイアップでのイベントなども開催されていてと、ノルディックウォーク普及に向けてのノウハウを本当にいろいろお持ちで、お邪魔するたびに本当にいい勉強をさせていただいています。

ノルディックウォークは、ウォーキングではなかなか身につかない肩甲骨周りを中心とした上半身の動きを習得するためにすごくいいと思っていて、その動きはランニングでも必ず生きてくると思っています。

また全身運動となるためウォーキングよりは少しきついが、ランニングほどはきつくないノルディックウォークは、ウォーキング以上ランニング(ジョギング)未満ポジションにあるとも思っていて、ウォーキングからランニングへの、逆にランニングからウォーキングに移行するうえで絶妙のポジションにあると思っています。

ウォーキングをはじめるのに最適な環境が整うイオンウオークイベント

そして今日は毎月水曜日に1回開催のイオンモール四日市北店のウオーキングイベント。

このイベントで歩く距離は800m前後とかなり短く、またイオンモールの店内を歩くため気温や天候に全く左右されず。

また歩く前には日本ウオーキング協会公認指導員でダンススタジオ「TYJD」代表の山下としさんの本当にわかりやすい指導も受けられてと、これから運動を始めようという方に最適なイベントだと思っています。

一方で最近はレギュラー参加の方も増えてきたからか、だいぶ参加者の皆さんの歩く能力もアップしてきていて、800mを歩くだけでは物足りない方も増えてきています。

そんな方々に新たな目標となるような仕組みを作っていくことも、今後のイオンウォークの展開としてかなり重要になってくると思い始めています。

ウォークでの自分の果たすべく役割を絞り込もう

そんなわけで2018年度はそれほど大きな動きこそなかったものの、ウォーキング関連の人々とのつながりをつくるという意味では本当に貴重な1年となっています。

あとはこの1年でつくってきた人とのつながり、そして三重県ウオーキング協会という大きな土台を、SWACの事業とどうつなげていくかが、来年度のSWAC全国展開に向けての大きな課題となると思っています。

ただウォーキングでもノルディックウォークでも、他の団体の方々がやっているのと同じことをやっているだけでは、SWACそして三重県ウオーキング協会として差別化を図ることは絶対にできません。

そこでその差別化として、現在あるアイディアが思い浮かびつつあるのですが、そのアイディアについて披露するのはまた後日として、活動の幅を広げれば広げるほど、私一人でできる範囲がかなり限られてくることは間違いありません。

・・・というわけでとりあえず今は、ウオーキングやノルディックウォークを通じてできた繋がりの中で、自分がどういう役割を果たすべきなのか、もう少し絞り込んでいこうと思っています!!

おすすめの記事