腰の違和感完全解消への鍵はストレッチポールエクササイズにあり?

腰の痛みもようやく癒えてきたものの、ここ2年ほどのほとんどが腰の違和感を感じ続けながらのランニングとなってしまっています。

そんな私がほとんど腰の違和感なく走ることができていたのが、昨年末の12月から今年の1月の間。

特に今年の1月は月間走行距離が500キロを超えたにも関わらず、腰の違和感をほとんど感じずにいました。

その理由を思い出してみますと、まず思い当たったのがストレッチポールでのエクササイズでした。

腰の違和感がなかった昨年末〜今年1月までを振り返り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土山マラソンでハムストリングに肉離れを起こし、人生初のフルマラソン途中棄権となったのは昨年11月のはじめ。

それ以前にも故障が相次いでいて、さすがに今のままではマズイと思い、故障予防のためにはじめたのがストレッチポールでのエクササイズでした。

昨年の土山マラソンで途中棄権の理由となったのはハムストリングの肉離れでしたが、腰の違和感も相当なもので、どちらかというとこちらの方を心配しながら土山マラソンをスタートしていました。

そんな腰の痛みですが、土山マラソンで途中棄権してしまってから、毎日ストレッチポールを使ってある簡単なエクササイズをするようになったところ、1週間ほどであっさり腰の違和感がなくなった事を思い出しました。

ストレッチポールをサボり出した途端腰の違和感が再発

腰の違和感がなくなった当時は、肉離れの完治を優先すべく、ほとんど走っていませんでした。

その事も影響していたのだと思いますが、腰の違和感がなくなった大きな理由は、当時こまめにやっていたストレッチポールのエクササイズ効果だったと思っています。

実際1月を腰の違和感もなく万全の状態で月間走行距離500kmを突破できた事で、自分の中でどこか満足しきってしまい、2月には入ってからついストレッチポールのエクササイズをサボり出すと、半月ほどで腰の違和感が再発。

そしてその後もなぜかストレッチポールエクササイズをサボり続けてしまっているうちに、腰の違和感はどんどん悪化。

その違和感を放置してしまった結果が、志摩ロードハーフでのぎっくり腰に繋がってしまったのではと思っています。

今回もストレッチポールエクササイズにより快方の気配!

LPN ストレッチポール(R)MX ネイビー 0006
そしてここ最近、その当時の事を思い出して、ストレッチポールのエクササイズを再開してみると、3日ほどで明らかに腰の違和感が薄らいできている気が!

腰の状態が良くなっているのには、今回も前回と同じく腰の完治を優先すべくほとんど走っていなかった事の他、あたたかく(暑く)なってきたからなどいろいろな理由が考えられ、ストレッチポールによるエクササイズ効果だけではないと思います。

ただ5月の初旬から中旬くらいまで、ちょっと走るだけでも腰にとんでもない激痛が走っていた事を考えると、現状多少の違和感が残る程度まで回復している現状からみても、「走っていなかったから」「暖かくなってきたから」の2つの理由だけでは絶対にない気がしています。

そう考えるとストレッチポールによるエクササイズは、今や私の持病ともなりつつある腰まわりの故障脱却に向けて、現在最も注目すべきメニュー。

・・・というわけで今後、まわりにいるランナーの皆さんにもその良さを広めていきたいストレッチポールによるエクササイズを、まずは私自身とにかく継続していく事で、秋の本命レースに向けて、腰のコンディションを着実にアップさせていこうと思っています!!

 

今回の記事で紹介したアイテム

関連記事

  1. ヒルトレーニングなどのリディアード式ランニングドリルの動きを習得しよう…

  2. ドラマ「ROOKIES」効果で蒸し暑い中での早朝坂道ダッシュを再開

  3. 小刻みに短い距離のジョグを積み重ねて、基礎スタミナ養成につなげよう

  4. 自主練再開に向けたウォーミングアップ(?)のため滋賀県野洲市へ遠征・前…

  5. 早朝練習に志氐神社のすぐ近くにある坂を利用しての坂道ダッシュを導入

  6. 大雪の積もるなかフェーズ2(最初の質重視・スピード養成)期間がスタート…

TWITTER