気温も下がってきた今のタイミングで中途半端な○○での1キロインターバルはきつすぎる

やっとやる気になってきたときに邪魔が入る。

・・・ということは私にとってはよくある事なのですが、ここ最近その邪魔のほとんどは、故障という形でやってきました。

ただ今の私は、特に故障箇所はなく、身体のコンディションは万全だったはずなのですが・・・

先週金曜日にひいた風邪は長引きそうな気配

先週金曜日に風邪をひいてしまいました。

金曜日の夜、1キロインターバルをしている時から喉が痛く、これはもしかしたら・・・と思っていたのですが、土曜日の朝起きた時には声が出ないほど喉が痛く、完全に風邪の症状が出ていました。

それでも土曜日の午前はメンバーの方と30キロを走ったあと、昼からはぐっすりと寝て、だいぶ症状も良くなったように思われました。

そしてすぐに快方に向かうものと思われました。

ただもともと風邪を一度引くと長引く傾向のある私、今日に至っても鼻水は止まらず、せきも続いてと、なかなか完治に至ってくれません。

風邪をひいても1キロインターバル

そんな風邪引きの状態で、昨日の夜は、セカンドウィンド四日市練習会の前に1キロインターバルを実施しました。

本来なら風邪をひいているときに、絶対にインターバルなど実施しようなどと思わないのですが、先週末不甲斐ない1キロインターバルを実施して、週1の1キロインターバル実施を心に決めた私。

絶対に逃げるわけにはいかないと、勢い込んで練習会前に中央緑地公園トラックに行って、1キロインターバルを実施することに決めました。

・・・のですが、異常に道が混んでいて、中央緑地公園に到着したのは6時過ぎ。

6時半には練習会にやってくるメンバーを陸上競技場前で待機しなければいけない事を考えると、20分近くで1キロインターバルを終えなければならない計算に。

そこで10分程度の軽いウォーミングアップのみ実施して、1キロ3本、1本キロ3分30秒の設定で、慌ただしくインターバルをスタートする事となりました。

今日も途中で心折れ1キロインターバル失敗

スタート直後から足が地についている感覚がなく、スピードも思うように上がっていく気もせず、結構頑張って走ったにも関わらず1本目は3分34秒と設定通りに走れず。

呼吸はそれほどきついわけでもなく、ただ脚が明らかに動いておらず、風邪をひいているからかな・・・と思いつつ2本目をスタート。

2本目は1本目よりはスピードも上げていける感覚があり、途中までは順調に走っていたのですが600mほど走ったところで、呼吸が急に苦しくなり、脚も急に動かなくなり、それでもなんとか粘り切って1キロを3分32秒で走り終えることに。

ただこの段階で、脚は明らかにへたっており、呼吸もかなりきつくなっていたため、風邪のせいだから仕方ないと、完全に諦めムード。

結局3本目は400mのみ170秒と、キロ3分半より少し速いペースで走って、今日も当初の設定通りに走りきれないままインターバルを終了しました。

1キロインターバル失敗の要因は風邪や実力不足だけではなく・・・

インターバルを終えた後は、せきが止まらなくなり、レストのジョグもままならないほどのグロッキー状態。

そして脚が思っていたよりへたってしまっていたようで、チーム練習会でメンバーと一緒に走っていても、早々に脚がおかしくなり、走るのも困難な状況になってしまいました。

これも実力不足といえばそれまでなのですが、風邪の影響もあるかな?

・・・とも思ったのですが、それ以前に今回のインターバルでは致命的にウォーミングアップが不足している気がしました。

これからまだまだ気温が下がっていくであろう今の時期に、10分程度のウォーミングアップでは、ただでさえまだ寒さに身体が慣れていない私の筋肉が、あたたまってくれるはずもありません。

こんな事を続けていては、間違いなくまた故障して、シーズンを棒に振ってしまう。

・・・という事で、今後はウォーミングアップにもう少し力を入れて、1キロインターバルをより万全の状態でスタートできるよう持っていかなければと思っています。

 

おすすめの記事