体幹トレーニングマニアになりはじめた今日この頃

昨日まで2日間、かかとを中心とした痛みを引き起こす足底筋膜炎を治療すべく、ランニングを完全に休んでいました。

そして今日はSWAC四日市の中央緑地公園午前練習で、久しぶりにメンバーの方と10キロ程を走りました。

IMG_1876

かかとの痛みはだいぶおさまっていて安心していた一方で、昨日までの体幹トレーニングの成果か、お腹の筋肉のバネを使えている自分の走りに酔っている自分がいました・・・

お腹のバネを使って走る意識を持つ事は、ランニングにおいてかなり重要な位置づけをしめていて、このバネを使えるようになると、明らかに楽に前に進める走りができるようになります。

 

●スポンサードリンク
 

完全にランニングを休んだ昨日までの2日間、体幹超絶強化期間として体幹トレーニング「BCT」をしっかりとやり込みました。

そして今日は「BCT」だけでは飽き足らず、写真の書籍に掲載されている体幹トレーニングを全て実施。

IMG_1883

実施したメニューの数は100近くに及び、さしむね体幹トレーニングマニアの様相を呈していました・・・

 

体幹トレーニングは非常に地味であまり楽しいとは言いがたく、しかも結構キツかったりとつい敬遠しがちなトレーニングの筆頭格と言えます。

・・・が地道なトレーニングの積み重ねが結果につながる事の多いマラソンにおいて、体幹トレーニングの位置づけはかなり高いところにあるように思っています。

 

ただいくら重要とはいえ同じメニューばかりを繰り返していては、ついつい飽きてしまってやりたくなくなってしまう練習である事は間違いありません。

そこで体幹トレーニングメニューの引き出しを増やして飽き防止につなげようと実施した100近い体幹トレーニングでしたが、やっていくうちにどんどん体幹トレーニングが面白くなってきて続ける事2時間強。

おかげでかなり体幹トレーニングのバリエーションを増やす事ができました!

 

体幹トレーニングの実施はランニングのパフォーマンス向上に大きな効果が期待できる事はもちろん、スタイルや姿勢改善などにも大きな効果が期待でき、なにより故障予防につながります。

なのでこれからレース本番が近づいてきて走る量が増えてくる今の時期こそ、SWAC四日市メンバーの皆様にはできるだけ体幹トレーニングに積極的に取り組んでいただきたいと思っています。

そこで重要になってくるのが、体幹トレーニングを実施する事のメリットをメンバーの皆様に理解いただく事。

そして楽しく体幹トレーニングを実施していただけるメニューを作り込んでいく事。

 

明日よりはこの3日間で確実に増えた体幹トレーニングに関する知識や練習バリエーションをフル動員して、体幹トレーニングをやりたくなるような環境をSWAC四日市に作っていきたいと思っています。

そして自分自身が積極的に体幹トレーニングに取り組み、その効果を実証することで、その重要性を多くのランナーの方々に伝えることができればと思っています!!

 

今日の練習メニュー

8月の目標

スピード目標・・・3000m10分切り

スタミナ目標・・・月間走行距離400キロ

8月の実績

今日の午前練・・・SWAC四日市練習会・メンバー伴走

今日の走行距離・・・12キロ

8月の走行距離・・・300キロ

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 1時間17分台を目指す「かもしかマラソン」ハーフの最大の難所を走ってき…

  2. ランニングシューズは正しい履き方でちゃんと履こう

  3. いびがわマラソンコース試走で思い出した初フルマラソン挑戦の時の思い出

  4. 南部丘陵公園にて体幹トレーニングの代わりにファルトレク

  5. 本命レース洞爺湖マラソンに向けて2月よりはじめた基本的すぎる3つの事

  6. 横浜国際女子マラソンでの日本人選手にいただいた大きな刺激

スポンサードリンク

TWITTER