GW明けの5月8日の体重はいろいろな意味でかなり重要らしいので

ここ最近腰回りに故障が続く私ですが、その大きな要因の一つに体重の増加があると思っています。

もともと甘い物好きで、太りやすい体質なうえに、走る量が減ってしまっては、体重が増えるのは当たり前。

そして体重が増えれば、着地衝撃も大きくなってしまい、また腰が悪くなるのも当たり前と、思い始めていたGW最終日に、私に衝撃的な情報が入りました。

5月8日の体重は太るか痩せるかの分岐点?

昨日夜たまたまつけたテレビを視ていると、「初耳学」という番組をやっていました。

番組ホームページはこちら

その番組の冒頭では、いきなりこんな文字が目に入ってきました。

5月8日の体重は太るか痩せるかの分岐点

「5月8日と言えば明日のことだけど、どう重要なんだろう?」・・・などと思いながら見ていると、5月8日は日本人の体重が最も重くなる日のようです。

*ちなみに日本人の体重が最も軽くなる日は12月20日らしいです。(理由はよくわかりませんが・・・)

その理由について番組ではいろいろ説明があったのですが、大きな要因となるのはGWの過ごし方。

そこで私のGWの過ごし方を振り返って見ますと・・・

体重増でもおかしくないGWを過ごしていました

今年のGWは先月末の40kmLSD完走により腰を本格的に痛めてしまい、結局走った距離は5月に入ってから、10キロにも満たず。

加えてたいした距離ではありませんが、ちょこちょこ歩いてはいたものの、周囲のランナーの皆さんに比べれば、間違いなく極端に少ない運動量。

そんな運動量では、ただでさえここ最近太り気味な私の体重はさらに増加している可能性大。

そこで明日は(今日のこと)朝イチで体重を測ってみる事に決めました。

予想通りの65キロ超・・・

というわけで今日は朝起きて、早速体重を測って見ますと、出てきた数値は65.2km。

実はもう少し重くなっている可能性も危惧していた私にとって、65.2kmの数値は許容範囲内と言えば許容範囲内でした。

ただ私がフルマラソンで自己ベストを出した時の体重は、確か60キロちょっとだったような気が・・・

さらにこれからしばらくは思うように走れない事を考えると、まだまだ体重が増加してしまう可能性は結構高い気が・・・

秋〜年末のマラソンレースで復活を果たしたい私にとって、今の段階での体重増は致命傷にもなりかねません。

早速今からこれ以上の体重増の抑制・・・というより早期の減量に向けて対策を講じていこうと思います!!

関連記事

  1. 12月の間はペースは抑えてとにかく距離をしっかり走りこもう!

  2. 青学・原晋監督の基調講演を聞かせていただいて最も心に染み込んだ言葉は・…

  3. 犬山ハーフ1時間19分切りの鍵は早朝練習にあり

  4. 福岡国際マラソン王者・モーエン選手と名コーチに学ぶフルマラソンの練習法…

  5. 勢いのみでで実施した10キロペース走で分かった、現状でのキロ4分ペース…

  6. 早朝12キロジョグはフルマラソン後半残り12キロのリハーサルになるかも…

  7. アップダウンのきつい菰野庁舎スタート30キロロードコースにて新年早々じ…

  8. この夏場はヒルトレーニングの効果をかなり実感できていますが・・・

スポンサードリンク

TWITTER