長野マラソンに出場するべきかしないべきかで悩み中

今週末4月15日(日)に長野県長野市にて、日本でも屈指の人気を誇る大会でもある第20回記念長野マラソンが開催されます。

エントリーすることすら難しい長野マラソンですが、どういうわけかエントリーに成功して、本来なら今シーズンの本命レースと考えていました。

・・・がここ最近、レース前になると急にアクシデントが続く状態は相変わらずで、今回も出場するかどうか悩みに悩んでいます。

左ふくらはぎの肉離れがなかなか回復せず

先々週の木曜日、セカンドウィンド四日市の木曜練習会時、左ふくらはぎの肉離れをやってしまいました。

その前からなんとも言えない違和感を感じていたふくらはぎだったのですが、木曜練習会時にヒルトレーニングを実施していた時に、ある意味予想通りとも言える激痛を感じ、その後は歩くことすら困難な状況になってしまいました。

ここ最近すっかり癖になってしまっているふくらはぎの肉離れ。

・・・のため「またやってしまったけど、すぐに治るだろう」などと思っていたのですが、今回は事の他重症でいまだに違和感が拭えません。

そしていざ走ってみても、ちょっとした痛みが常にある状態で、なかなか回復の気配がありません。

肉離れ以前にとんでもなく練習不足

そんなわけでまたまた長野マラソン出場に黄色信号が灯っている状態なのですが、そもそも今回に関しては肉離れ以前に完全に練習不足。

2月末の犬山ハーフではなんとか1時間25分台で走ったものの、15キロ過ぎからは完全にバテバテ状態とスタミナ不足を露呈する事となりました。

そしてその後は忙しさにかまけて、3月は月間走行距離100キロにも届かず、4月も肉離れなどでほとんど走っておらず。

とてもフルマラソンを直前に控えたランナーとは思えません・・・

さらに練習量が明らかに減っているにも関わらず、食欲は旺盛と、体重もかなり急増していると思われます。

そんな状況で仮に肉離れが完治して、無事走れたとしても、記録はとんでもないものになってしまう事は、もはや確実な情勢となっています。

本来なら棄権以外選択肢はないのですが・・・

そんな状況でもはや棄権以外選択肢はないように思われるのですが、今回についてはなぜか心のどこかで強行出場したい気持ちもあります。

その理由の一つが、ここ最近私自身についてしまっている逃げ癖のようなものを少しでも振り払いたいから。

ここ最近の私のフルマラソンの結果を振り返って見ると、2年連続土山マラソン途中棄権と、とにかく情けない有様。

そしてせっかく当選していた大阪マラソンも、2週間前にやってしまった肉離れのためDNSと、完全にフルマラソン完走から遠ざかってしまっています。

今回も肉離れが再発する可能性が低くなく、かなりの心配要素を抱えながらではあるのですが、今のタイミングでとりあえずフルを完走しておきたい気持ちはかなりあります。

もう一度原点に立ち返るために

また今回長野マラソンが開催される長野市は、私が仕事の出張生活等で3年近く滞在したことがある思い出の地。

出張時代はとにかく孤独な毎日を過ごしていた事もあり、夜は時間さえあれば走りに出かけていて、その走行距離は相当なものになっていました。

それが今の私の走りの原点となっている気がしています。

いずれにせよ長野マラソンが終われば、私自身一から出直し。

その前に原点に立ち返る意味で、やはり長野マラソンに出ておきたいという気持ちは心のどこかにいつもあります。

・・・というわけで、とりあえず今日からはとりあえず走るだけ走ってみて、肉離れの状況を見極めながら、できる限り出場する方向で検討を重ねていこうと思っています。

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 大阪国際女子マラソンでの福士加代子選手の走りに大きな刺激をいただきまし…

  2. 今シーズンの本命レース・長野マラソンに向けて年内はとにかくじっくり走り…

  3. 雪もちらつく寒い中で久しぶりに実施した1キロインターバルは無残な結果に…

  4. 身体の違和感を感じた時の頼みの綱は「ストレッチポール」

  5. Featured Video Play Icon

    故障の大きな要因となっていると思われる自身のランニングフォームの動画作…

  6. 洞爺湖2:40切りの目標を達成するための24週間トレーニングプランを立…

  7. 腰に負担の掛からないランニングフォーム改造に着手しよう!

  8. 今度こそ故障しない身体を本気で作るため青トレをルーティン化しよう

スポンサードリンク

TWITTER