久しぶりの40kmLSDで感じたスタミナを取り戻せている手応え

昨日は自宅のすぐ近くにある茂福神社にて、どんど焼きが行われました。

どんど焼きとはお正月に歳神様をお迎えするために飾ったしめ飾りなどを燃やして、歳神様をお見送りする風習であるそうです。

・・・というわけで歳神様もお見送りさせていただき、そろそろお正月モードから完全切り替えるべく、今日の私が行ったことはと言いますと・・・

40kmLSDを実施

今日は朝早くから南部丘陵公園に到着して、7時よりセカンドウィンド四日市メンバーと40kmLSDを実施しました。

走るコースはセカンドウィンド四日市メンバーの方が独自に開拓したコースで、ロードコースであるにも関わらず、信号などで停まる箇所がほとんどなく、ノンストップで片道20km、往復40kmを走りきれるのが大きな特徴。

昨年もこのコースでセカンドウィンド四日市で2度実施している40kmLSDですが、走るペースはキロ7分前後とかなりゆっくりペースで、5時間近く走り続ける事となりました。

衰えた脚筋持久力を取り戻そう

昨年2年連続で途中棄権という情けない結果に終わった土山マラソンですが、昨年の棄権理由は30km付近で脚が全く動かなくなったから。

なぜ動かなくなったのか・・・いまだに理由はよく分かっていないのですが、単なる練習不足による、脚筋の持久力が衰えによるものである可能性が極めて高いと思っています。

今日も前半こそ全く問題なく脚は動いていたものの、30キロ地点付近になると明らかに脚が重くなるのを感じました。

特に以前から自分の弱点と自覚しながら、いまいち対策を打てていないふとももの内側にある内転筋の弱さは相変わらず。

結果、コース終盤ではいまいち走っていても、踏ん張りがきかない感覚があり、早急な内転筋強化の必要性を痛感させられる事となりました。

エネルギー切れの心配はあまりなさそう

そんな情けない内転筋については、早速対策を打つ必要を感じた一方、自信になったのは自分自身のグリコーゲン・水分蓄積力(?)。

今日の私、40kmLSDの最中は一切給水含めた、エネルギー補給を行いませんでした。

それでも空腹感こそ感じたものの、エネルギー切れらしき症状は全く出ず。

特にカーボローディングらしき事をしたわけでもなく、今日のスタート時も給水をあまり取らなかったにも関わらず、最後の最後まで、体内でのグリコーゲンと水分の不足はほとんど感じませんでした。

こうなってくると土山マラソンでのあの情けない自体を招いた理由は、内転筋の弱さ以外考えにくくなってきました。

そして今日も40kmをノー給水で走りきった後の、スポーツドリンクはこれ以上なく格別の極上感がありました!

スタミナはかなり取り戻せている感があるという事で・・・

・・・というわけで今日は5時間ほどかけて、40kmの長丁場を走りきったわけですが、現段階で疲れはほとんど残っていない雰囲気。

なんだかんだで今日の40kmLSDに加えて、先週の富双緑地30kmクロカンで、年末年始の走り込みの成果を実感する事ができました。

そして内転筋さえ鍛えれば、フルマラソンでの後半の失速を大部分抑えられる感覚をつかめました。

あとはようやくここにきてスタミナを取り戻せてきている目処が立ったという事で、いよいよ犬山や長野マラソンに向けて、レース本番で結果を出すための練習を再開していこうと思っています!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. SWAC・木下裕美子選手の菅平夏合宿に参加させていただきました

  2. 地元最大のランニングイベント「四日市シティロードレース」も終わって明日…

  3. Featured Video Play Icon

    セカンドウィンド四日市の秋〜年末レースに向けた強化計画に沿ってそろそろ…

  4. 津市経が峰にてトレラン+峠走で久しぶりにガッツリ走り込み

  5. セカンドウィンド四日市チーム全体に巻き起こる上昇気流に乗って早朝練習も…

  6. セカンドウィンド四日市のチームアイコンとロゴを一新して気持ちも新たに!…

TWITTER