現在のランニングシューズのトレンドはナイキとニューバランス?

Featured Video Play Icon

何気にスマホでニュースをだらだらと見ていると、かなり興味深い記事が見つかりました。

その記事のタイトルが「箱根駅伝「シューズ」で見る勢力争い ナイキとNB躍進の理由」なるもの。

この記事には箱根駅伝で走ったランナーのランニングシューズの、メーカー別比率までが掲載されていてとかなり面白い内容でした。

ニューバランスに密かに注目中

ニューバランス ランニングホームページはこちら

この記事によるとニューバランスは昨年の4人から大幅増の、23人の箱根ランナーが履いていたとの事。

そして青山学院大学のエース格だった下田選手も履いていたとの事。

ニューバランスは駅伝の途中で流されたCMで、高橋尚子さんや野口みずきさんなど多くのトップアスリートが信頼を寄せたカリスマシューフィッター・三村仁司さんとパートナーシップ契約を結んだ事が報じられ、大きな注目を集めました。

ニューバランスは私自身10年近くなったランニング経験の中で、一度も履いた事がない数少ないメーカーの一つで、正直今まであまり性能を調べようとも思った事がありませんでした・・・

ただあの青山学院大学すらが信頼する三村さんがいらっしゃるとなると、俄然見逃せない存在となってきました。

ナイキはフリーラン 以外も試してみたい

ナイキランニングホームページはこちら

今回の箱根駅伝で最も注目を浴びたのは、往路を優勝した東洋大学が、チームで戦略的に取り入れた事が報じられた「ナイキ ヴェイパーフライ 4%」。

このヴェイパーフライ 4%効果で、今回の箱根駅伝ではアシックスやミズノを抜いて、最も多くの箱根ランナーが履いたメーカーとなったようです。

私自身ナイキのランニングシューズは、フリーラン シリーズ以外は履いた事がありません。

ただ現在注目を浴びているヴェイパーフライ 4%の他にも、かなり魅力あるシューズが増えている気がするナイキ。

早い段階でフリーラン 以外のシリーズも試してみたいところです。

そろそろミズノの呪縛から・・・

私がフル、ハーフマラソンともに自己ベストを出した時に履いていたシューズは、ミズノのランニングシューズ。

そのためいざという時に選ぶランニングシューズメーカーは、必ずミズノでした。

ただここ最近はなかなか思うような走りもできておらず、今年に入ってから購入した「ナイキ フリーラン 」はなかなかはき心地も良くと、そろそろミズノの呪縛から解き放たれる時のような気もしています。

そんなタイミングでたまたま目に入った今回の記事。

これは一度本命シューズもミズノから離れてみては・・・という天からのお告げのような気がしています。

レース用シューズを徹底的に研究しよう

現在の私が欲しいと思っているのは、長い距離を走りこむ用のシューズと、ハーフやフルマラソンのレース用シューズ。

ただ走り込み用のシューズは、現在持っているランニングシューズでもとりあえず間に合わせられる事を考えると、真っ先に購入したいのは、今シーズンなぜか持っていないハーフやフルマラソンのレース用シューズだったりします。

2月末に控える犬山ハーフで少しでもいいタイムを望むなら、近いうちに購入したいのがレース用シューズ。

ただせっかく買うなら、本当に自分の走りにあったものを選びたい!

・・・という事で、1月中は徹底的に色々なメーカーのレース用シューズを研究してみて、今の自分にぴったりのランニングシューズを購入しようと思っています!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 初売りにて約4年ぶりに「ナイキ フリーラン (私にとっては三代目)」を…

  2. 待望のニューランニングシューズ「ミズノ ウェーブエンペラー」を購入しま…

  3. 最強のiPhoneに最適のBluetoothイヤホン「JPA MK-Ⅱ…

  4. Featured Video Play Icon

    快適に走れつつ故障予防にもつながるジョグ・走り込み用ランニングシューズ…

  5. 現在のメインシューズ「ミズノ ウェーブエンペラー」の性能を棚卸ししてみ…

  6. 快適なジョギングをかなりサポートしてくれそうな定額音楽聴き放題サービス…

スポンサードリンク

TWITTER