初売りにて約4年ぶりに「ナイキ フリーラン (私にとっては三代目)」を購入

昨日の午後箱根駅伝も終わったという事で、そろそろお正月モードを抜け出して、練習に本腰を入れていかなければなりません。

そんな私が練習へのモチベーションを少しでも高めるべく、向かった先はと言いますと・・・

スポーツデポの初売りに

箱根駅伝終了後、私が向かった先は中央緑地公園のすぐ近くにあるスポーツデポ。

昨日はまだ正月3が日という事で、駐車場は完全に満員状態と、多くのお客さんが集まっていました。

そんな混雑の中、お店の中に入ると、真っ先に向かった先はやはりランニングシューズ売り場でした。

今回私が数あるスポーツ店の中で、スポーツデポに足を向けた一番の理由は、自分が一番欲しいと思っていたランニングシューズが安くなっている事を知っていたから。

・・・というごくごく単純な理由からでした。

購入したのは「ナイキ フリーラン 」

その欲しいと思っていたランニングシューズの名は「ナイキ フリーラン 」。

このシューズはドラマ「陸王」のヒットで、にわかに注目を集めたベアフットタイプのシューズで、裸足感覚で走れることが特徴の、言うなればちょっと変わり種のランニングシューズ。

このシューズはもともと定価が10,000円(税抜き)とランニングシューズとしては安いのですが、さらに3割引で購入できるという事で、迷わず写真のナイキ フリーラン を購入することに決めました!

全盛期の走りを取り戻すために

私の走りの全盛期とも言えた3〜4年前の自分が、普段ばきやジョグでずっと履いていたシューズがこのフリーラン。

逆にこのシューズを履くのをやめてから、 どうも故障が相次ぎ出した事を、ドラマ「陸王」を見ていてふと思い出しました。

単なる偶然かもしれませんが、ここ3年ほどとにかく肝心な時にいつも故障続きで不甲斐ない走りが続いている私、良かった頃に自分がやっていた事を試して見ても損はない気がしています。

そこで今回は走り込み用のトレーニングシューズではなく、調子が良かった時に履いていて、なおかつ故障予防にもつながる気がするフリーラン を購入。

2018年、まずはこのフリーラン に賭けてみて、全盛期の時の自分の走りに、少しでも近づけていきたいと思っています。

早朝ランで早速履いて走ってみたところ・・・

・・・というわけで今日は朝より早速このフリーラン を履いて、早朝ランを実施。

このフリーラン はかなり特色のある着地感を持つシューズなのですが、慣れないうちは、本当に走りにくいシューズだったりします。

当然約3年ぶりに履く私にとっても、かなり走りにくく、ペースは最後の最後まで思うように上がってくれず。

それでも5kmほどしか走っていないにも関わらず、走り終えた後はかなりの疲労感がありました。

特にここ最近使えていなかったと思われる筋肉には、かなりの疲労を感じ、早速フリーラン での練習効果を実感することとなりました。

走り始めた時は、このフリーラン を購入した事を少し後悔・・・というのが本音でしたが、このシューズを履いて練習を続ければ、自分の走りがかなり改善できる気がしているのも事実!

・・・というわけでこれからしばらくの早朝ランは、このフリーラン で自分の走りをしっかり改善していきたいと思っています!!

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランニングチーム・セカンドウィンド四日市を運営。 将来的には誰もがいつでもどこでも気軽にランやウォークなどのスポーツを楽しめる総合型地域スポーツクラブ創りを目指しています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 「アシックス GT-2000 ニューヨーク」シリーズの性能をチェック

  2. 瀬古利彦さん著「すべてのマラソンランナーに伝えたい事」を読んでまず始め…

  3. 夏場の走り込み用として購入したランニングシューズは結局のところ・・・

  4. 今とにかく話題の「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」をチェックし…

  5. リディアードのランニングバイブルの教えに従ってスピートアップにつなげよ…

  6. 「ガーミン ForeAthlete 10J」を有効活用するためにまずは…

TWITTER