箱根駅伝上位校からマラソンで結果を出すためのヒントを多くいただきました!

毎年1月2日・3日は正月の風物詩とも言える箱根駅伝が開催されます。

例年は結果さえ分かればいい・・・的なスタンスの私ですが、今年はなぜか無性にじっくり見てみたくなり、2日ともガッツリ駅伝観戦を実施。

またインターネットで裏情報を調べたりしているうちに、今後のセカンドウィンド四日市の活動を考えていくうえで、多くのヒントを得る事ができました。

フォームは本当に人それぞれですが・・・

毎年箱根駅伝を観戦している時に、最も注目してしまうのが、出場選手がどのようなフォームで走っているか。

箱根駅伝に出場するランナーは学生界トップクラスのランナーばかりという事で、当然一般に言われる綺麗なフォームで走っています。

・・・と言いたいところなのですが、実際箱根駅伝を走っているランナーの中には、つっこみどころ満載のちょっと変わったフォームで走っている方も何人かいらっしゃいます。

ただそんなフォームでもキロ3分近いとんでもないペースで20キロ以上の距離を走り続けている事を考えれば、そのランナーの方々にとっては今のフォームが正解という事になります。

そう考えると誰もに共通する理想のフォームなどというものは、絶対に存在しない・・・そんな事を今回の箱根駅伝でも痛感させられる事となりました。

それと同時に今回の箱根駅伝上位校の取り組みについて調べていくうちに、理想のフォームに近づくためにチームとして共通して取り組むべき事はあるのでは・・・そんな気がしてきました。

4連覇を果たした青学の強さは青トレにあり?

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

今年の箱根駅伝も終わってみれば、もはや勝って当たり前とも言える存在となってきた青山学院大学の4連覇。

今年は出雲駅伝、全日本大学駅伝で優勝を逃し、箱根駅伝においても苦戦が予想されていましたが、終わって見れば大会記録のタイムでの圧勝。

箱根駅伝の特色ある各コースに最も適したランナーを、各区間に揃えられる青山学院大学の層の厚さを見せつける形となりました。

インターネットなどで関連ニュースなどを調べていると、青学の強さの秘密は「青トレ」の実施などで故障しない身体、そしてランニングフォームを作り込んでいく事で、年間を通じて練習ができている事が書かれています。

ここ3年半ほど、とにかく故障ばかりが続く私にとって、この話は非常に耳が痛い話であると同時に、絶対に真似すべきところと言えます。

青学を苦しめた東洋大学の強さやシューズにあり?

画像引用先:ナイキ公式サイト

そんな圧倒的な層の厚さを誇る青山学院大学を抑えて往路を制し、総合でも2位に入ったのが東洋大学。

下馬評もそれほど高くなく、トラックの記録でもそれほどパッとしない印象だった東洋大学ですが、全日本大学駅伝でも終盤近くまでトップを走るなど、いい意味で予想を裏切り続けていました。

そんな東洋大学の強さについてもインターネットで調べていると、その強さの理由の一つに今話題のランニングシューズで、先日の記事でも書かせていただいた「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」。

東洋大学はナイキよりサポートを受けているらしく、下級生を中心としたメンバーのほとんどが、ここ最近ワールドクラスのトップランナーが結果を出し続けているヴェイパーフライ4%を戦略的に取り入れてきたそうです。

その結果故障せずに長く走る練習が継続できるようになった事が、今回の東洋大学の躍進に一役買った可能性は、それほど低くない気がしています。

今年の箱根で学んだ教訓を早速生かそう!

セカンドウィンド四日市メンバー、そして私自身がこれからフルマラソンで目標タイムを達成していくためには、なんだかんだ言って故障せず、練習を継続していく事が最も大切。

そのためにフォームの改善がかなり重要と以前より考えていた私ですが、その鍵は青トレとランニングシューズ選びにある気がかなりしています。

他にも多くの気づきを得る事ができ、今年のセカンドウィンド四日市の活動について大きなヒントをいただけた今年の箱根駅伝。

明日からは早速学んだ教訓の数々を実行に移していこうと思っています!!

 

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランニングチーム・セカンドウィンド四日市を運営。 将来的には誰もがいつでもどこでも気軽にランやウォークなどのスポーツを楽しめる総合型地域スポーツクラブ創りを目指しています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 富双緑地公園にて年末走り込み2日目としてクロカン2時間走を実施

  2. 滋賀県希望が丘文化公園遠征練習会での過酷な練習を終えて本気で思い始めた…

  3. 不整地コースの充実した垂坂公園を整備されている「緑の会羽津」さんの活動…

  4. セカンドウィンド四日市木曜練習会でもリディアード式ヒルトレーニングを導…

  5. Featured Video Play Icon

    土山マラソンのリベンジはさておき伊坂ダムにランナーのオアシス創りを目指…

  6. 11月より伊坂ダムランステプロジェクト(?)をスタートします

TWITTER