「アシックス GT-2000 ニューヨーク」シリーズの性能をチェック

いきなり破損した「ミズノ ウェーブソニック」に代わるジョグ+走り込み用ランニングシューズを、現在検討中の私。

その候補として今までレース用シューズをジョグなどで履いていた事もあってか故障続きだった反省もあって、今回はクッション性の高いトレーニングタイプのランニングシューズを購入しようと思っています。

その有力候補として「アシックスのニューヨークシリーズ」と「ミズノのウェーブライダーシリーズ」を検討していたのですが、ここにきてある理由からアシックスのニューヨークシリーズが第一候補となってきました。

そこで今回はアシックス・ニューヨークシリーズについて詳しく見ていきたいと思います。

アシックスの定番中のド定番で初心者向けではありますが・・・

[アシックス] ランニングシューズ GT-2000 New York 6-SW TJG978 インペリアルブルー/インディゴブルー 27.5 cm

アシックスの「GT-2000 ニューヨークシリーズ」と言えば、世界中のランナーから愛される、アシックスを代表するランニングシューズと言って間違いありません。

ニューヨークシリーズはクッション性や安定性が非常に高く、どちらかと言うと初心者向けモデルというイメージを私自身ずっと持っていました。

ただあの公務員ランナー・川内優希選手や藤原新選手などのトップランナーも、普段のジョグで履いているらしく、その事だけでもニューヨークシリーズが確かな性能を兼ね備えている事をうかがい知ることができます。

ニューヨークシリーズのセールスポイント

速くケガなく走りたいなら正しくランニングシューズを選びなさいによると、ニューヨークシリーズの売りとして書かれているのが「ヒールクラウチングシステム」なるかかとのホールド性能。

このヒールクラウチングシステムとはかかと部から中足部方向にかけて搭載されている大型の樹脂カウンターが、かかとをしっかりと包み込んでくれる事で、よりシューズを足にフィットさせてくれるようです。

ちなみにニューヨークシリーズのヒールカウンターは少し大きめらしく、この事もかかとが少し大きめな気がする私の足に合っているように思われます。

ランニングシューズのプロなら、シューズを選ぶ際に最優先すべき事として真っ先に挙げるのが「かかとがしっかりフィットしているかどうか」である事からも、この性能はかなり魅力的にうつります。

そしてもう一つの売りがガイダンスラインなる、足裏の正しい動きを手助けしてくれる機能。

この機能はソール中央部に設けた縦方向の溝がたわむことで、左右方向の重心の移動のばらつきを抑え、走行方向に重心がスムーズに移動するのを手助けしてくれるもの。

初心者の方のみならず、シリアスランナーの方でも足裏の正しい動きを習得するのは難しいもの。

私自身の走りも、ここ最近左右バランスの悪さが目立ち始めているため、このガイダンスラインがフォームの修復を助けてくれる可能性はかなりあります!

故障予防につなげたいならベストの選択肢な気が・・・

今回私が新たに購入したいランニングシューズとして、トレーニングタイプのランニングシューズを考えている一番の理由は、速いペースで走っていては鍛えにくい筋肉=遅筋(ちきん)に刺激を入れ、バランスよく脚筋力アップしていく事で、故障予防につなげていくため。

アシックスのニューヨークシリーズなどのトレーニングタイプシューズは、速いペースで走るには向きませんが、ゆっくり走っている時にはそのクッション性、そして走りの安定を生む性能が存分に発揮され、遅筋により刺激を入れやすくしてくれます。

さらにニューヨークシリーズは正しい重心移動を導くなど、フォーム改善に向けた性能もじゅうぶんと、この辺りが川内選手などがジョグでこのシューズを履き続ける大きな理由になっていると思われます。

ここ3年ほどの私、ジョグでもレース用のシューズを履いていた事で、遅筋への刺激が弱く、遅筋を鍛えられていなかった事が、故障が相次いだ大きな理由になっている気がしています。

その考えが的外れでなければ、今回のニューヨークシリーズを購入すれば、速いペースで走る時に刺激される速筋だけでなく、遅筋にも大きな刺激が入り、私の故障リスクは大幅に軽減される事は確実なはず!

・・・というわけで性能を調べれば調べるほど魅力あるシューズに思えてきた「アシックス ニューヨークシリーズ」。

幸いニューヨークシリーズを置いていないスポーツショップは皆無とも言えるため、近日中に早速スポーツショップで試しばきを行おうと思っています!!

今回紹介したランニングシューズ

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランニングチーム・セカンドウィンド四日市を運営。 将来的には誰もがいつでもどこでも気軽にランやウォークなどのスポーツを楽しめる総合型地域スポーツクラブ創りを目指しています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 「ナイキ フリーラン」 で体幹と足裏を効果的に使える走りを習得中!

  2. Amazon で「かなり安く」「早く」「安心に」ニューランニングシュー…

  3. 隙間時間でできる練習メニューを増やすべく「青トレ」を完全マスターしよう…

  4. 新しい走り込み用ランニングシューズ選びのキーワードは「フラットソール」…

  5. Featured Video Play Icon

    現在のランニングシューズのトレンドはナイキとニューバランス?

  6. 今とにかく話題の「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」をチェックし…

TWITTER