インターバルと同様の効果が見込めるカウントステップを早朝練習に取り入れよう

ドラマ「陸王」の最終回にかなり感化され、マラソンへのモチベーションもかなり高まってきました。

ただ今年は年末年始も何かとやる事が多く、練習にそれほど多くの時間をさく事ができません。

そんな私が今注目している練習メニューが一つあります。

インターバル走と同様の効果が期待できるカウントステップ

ダニエルズのランニング・フォーミュラ

私がランニングのバイブルとして信奉してやまないランニング専門書ダニエルズのランニング・フォーミュラの冒頭にロス五輪女子マラソン金メダリストであるジョーン・ベイノート氏がこんな事を書いています。

10ステップ、イージー、10ステップ、ハード、20ステップ、イージー、20ステップ、ハード、・・・100ステップ、イージー、100ステップ、ハード」。このような走り方を、私はおまじないのように頼りにしてきました。

引用先:ダニエルズのランニング・フォーミュラ P5

この練習法はダニエルズのランニング・フォーミュラによると、カウントステップなる練習メニューで、インターバル走と同様の効果が期待できるようです。

カウントステップについて詳しくはこちら

・・・という事をなんどもこの本を読みながら、ここ最近まで見落としてしまっていたようで、最近ようやくこのカウントステップなるメニューを知る事となりました。

早朝練習でカウントステップを実施

ここ半年ほどスピード練習らしいスピード練習をほとんどやっていない私、完全に身体も心もなまってしまっていて、きついスピード練習に腰が引けてしまっています。

そんな私でも、このカウントステップなら実施できるのでは?

・・・そんな事を思い立ち、今日の早朝練習ではこのカウントステップを実施する事にしました。

実際に実施してみて思ったのは、早朝から実施するには思っていたよりかなりきつい・・・ただ本当に楽しい!

カウントステップでは走る距離でなく、歩数に応じてペースの上げ下げを行うため、時計など全く気にせず、思いのままペースアップする事ができます。

走っている途中で自分の歩数がわからなくなり、何度も頭が「?」になりましたが、それはそれで楽しく、気がつけばカウントステップに夢中になって走っていました。

カウントステップを早朝練習に定期的に組みこもう

このカウントステップを実施する事で走る距離は5km〜6.5kmほどと、私が早朝ランで走っている距離とほぼ同じという事で、いつものコースを走り終えた時に、ちょうどカウントステップを実施し終える事となりました。

終了後は早朝のエネルギー不足もあってか、身体に力が入らなくなってしまいましたが、なんとも言えないやりきった感もありました。

カウントステップはインターバルと違って、距離表示がわからなくても実施でき、時計からも解放されるため、思いのままのペースで走れる。

ただ結構きついけど、なぜかすごく楽しい・・・と早朝練習に実施するにはかなりおすすめのメニューと言えそうです!

・・・というわけで早朝練習でも実施できる楽しいスピード練習を一つ発見できたという事で、今後は定期的に取り入れていく事にしました。

レースが近づけば近づくほどインターバルは絶対に実施していくべきメニューですが、私が本命とする長野マラソンは4月とまだだいぶ時間もあります。

そんなわけでとりあえずはカウントステップでインターバルに耐えられる身体と心を身につけていく事で、2〜3ヶ月後には頑張るであろうインターバル走に備えていきたいと思っています!!

今回の記事で紹介した書籍

ダニエルズのランニング・フォーミュラ
ジャック ダニエルズ
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 323,198
多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランニングチーム・セカンドウィンド四日市を運営。 将来的には誰もがいつでもどこでも気軽にランやウォークなどのスポーツを楽しめる総合型地域スポーツクラブ創りを目指しています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. すぐやめてしまいがちな早朝ジョグを今度こそ継続させよう!

  2. ここ最近あまりにも続くランニングでの故障履歴を振り返ってみました

  3. 肉離れでしばらくは走れないという事で自転車をはじめてみる事にしました

  4. 蒸し暑い日が続きましたが早朝練習がようやく習慣づいて8月を終了

  5. 富双緑地公園芝生ジョグから自主練ランを再開しました

  6. 絶不調と言っているわりにはなぜか上り坂を駆け上がる時だけ好調な理由・・…

TWITTER