ランニングシューズのサイズを一度しっかり見直そう

先日の垂坂練習で「ミズノ ウェーブソニック」を破損してしまった事で、新しいジョグ+走り込み用シューズの購入を余儀なくされた私。

ただジョグ+走り込み用シューズは故障予防の意味からも非常に重要なシューズという事で、今度こそはの再起に向けて、できる限り自分にぴったりのシューズを選びたいという事で・・・

現在のシューズサイズは「26.5cm・ワイド」ですが・・・

速くケガなく走りたいなら正しくランニングシューズを選びなさい

現在私が履いているランニングシューズのサイズは「26.5cm」で、このサイズが自分にとってジャストフィットサイズと思い込んでいました。

そんな私の思い込みに警鐘を鳴らしてくれたのが、速くケガなく走りたいなら正しくランニングシューズを選びなさいという書籍。

この書籍にはランニングでの故障の要因として大きな要因となるのが、ランニングシューズのサイズが合っていない事、特に大きなシューズを履いている事で故障が多くなると書いてあります。

そしてシューズのサイズが合わない事によって起こりやすい症状には足底筋膜炎や腰痛など、私自身がここ最近苦しんだ症状が書かれています。

ランニングを始めてから今までの約8年間、26.5cmという自分のシューズのサイズに一度も疑ったことのなかった私ですが、今度こそは絶対に故障せず、4月の長野マラソンまで向かいたいという事で、自分にランニングシューズのサイズを見直してみる事にしました。

自分の足長は25.5cmほど


速くケガなく走りたいなら正しくランニングシューズを選びなさいには、本当に自分にあったランニングシューズを選ぶには、まず自分の足長(そくちょう)を知る事が大切と書かれています。

そこでこの本に書かれている方法で、今更ながら自分の足長を計測してみる事にしました。

その結果は25.5cmほど。

以前私がランニングシューズ選びで持っていた常識は、つまさきに1cmくらい余裕のあるシューズを購入した方がよい・・・という事だったので、この足長ならジャストフィットのようにも考えられます。

ただこの書籍では今までの私の常識だった「1cm余裕のあるシューズ購入論」は間違いだと断じています。

そのためもしかすると私の履くべきジャストフィットのランニングシューズのサイズは26cmもしくは25.5cmが正解・・・という可能性が出てきました。

ワイドサイズじゃない能性もあり

そして私、今までのランニングシューズのほとんどがワイドサイズを購入していたのですが、速くケガなく走りたいなら正しくランニングシューズを選びなさいによると日本人のうち、本当にワイドサイズを履く必要があるランナーはごくごくわずかとの事。

そして現在ワイドサイズを履いているランナーのうち、本当に幅広の人は1割にも達しないそうです。

・・・とすると私自身も、本当は幅広でない9割のランナーの一人である可能性はそれほど低くありません。

これはいよいよもってランニングシューズのサイズの見直しに、本腰を入れていく必要が出てきた気がしました。

とりあえずお店にフィッティングしに行こう

そんなわけで今まで8年近く、すっかり慣れ親しんだ感のあった26.5cmのワイドサイズのシューズサイズですが、ここにきて見直しに必要性を痛感させられる事となりました。

ただこればかりは実際にランニングシューズを履いてみないと、どのサイズが正解なのか分かりません。

さらに言うといくつかのサイズを履いて走ってみて、本当に間違いないものを選べれば言う事ないのですが、それはちょっと難しそうな気も。

・・・というわけで、とりあえずは近くのスポーツショップに行って、一度いくつかのシューズを試しばきしてみる事で、自分にとってのジャストフィットサイズのランニングシューズサイズを模索していこうと思っています!!

今回の記事で紹介した書籍

速くケガなく走りたいなら正しくランニングシューズを選びなさい
野村 憲男
日東書院本社
売り上げランキング: 365,704
多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランニングチーム・セカンドウィンド四日市を運営。 将来的には誰もがいつでもどこでも気軽にランやウォークなどのスポーツを楽しめる総合型地域スポーツクラブ創りを目指しています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 隙間時間でできる練習メニューを増やすべく「青トレ」を完全マスターしよう…

  2. 「アシックス GT-2000 ニューヨーク」シリーズの性能をチェック

  3. 初売りにて約4年ぶりに「ナイキ フリーラン (私にとっては三代目)」を…

  4. 「世界一伸びるストレッチ」はサボりがちだったストレッチへのモチベーショ…

  5. ジョグ+走り込み用シューズの第一候補は世界一売れているあのモデル?

  6. 今が旬のベアフットシューズがニューランニングシューズとして急浮上

TWITTER