今度こそ早朝ランを継続させるために3つのルールを設定する事に

今週月曜日より再開する事となった早朝練習。

まだまだこれから忙しい日が続きそうな事を考えると、私がこれからマラソンレースで結果を出すためには、早朝練習の継続は必要不可欠。

・・・ですがここ最近の私の根性なしは完全に筋金入りで、10日と持った事がほとんどありません。

ここ最近はまたまた寒くなってきて、今の調子だとまたまた早々にここ折れそうなため、継続するために3つのルールを設定することにしました。

早朝ラン継続のためのルール1 ペースは上げない

早朝ランは身体がまだ目覚めていない事もあり、どんなペースで走っていても、本当にきつく感じます。

そんなただでさえきつい早朝ランで、ペースを上げて走ってしまっては、早々にバテてしまううえ、翌日の早朝ランへのモチベーションを下げる効果しかありません・・・

そこで早朝ランではできるだけペースを上げないようにして、最後まで気持ちよく走れるイメージを持って走ることにしました。

早朝ラン継続のためのルール2 走る距離は5キロ

早朝ランでは、身体が思うように動かないからか、1キロが異常に長く感じてしまいます。

そんな私が早朝ランで走れるのは5キロがやっとというところで、それ以上走るとなると、走る前からやめる理由を作ってしまう可能性大。

そこで以前は7キロから10キロの距離を走っていた早朝ランの距離を、絶対に5キロしか走らない事に決めました。

早朝ラン継続のためのルール3 休みの日は原則なし

そして最後のルールは、早朝ランを1日も休まない事。

ここ最近私が早朝ランをやめるきっかけはと言えば、土日の週末をセカンドウィンド四日市の練習が午前中にあるからと休んだ勢いで、気がつけば平日も走らなくなっていたというパターン。

人間一度楽を覚えてしまうと、苦しい方向にはなかなか戻れません。

そこで決めたのは土日であっても、とにかく朝は走って、自分の身体に楽を覚えさせないという事。

このエブリデー早朝ランで、今度こそは長野マラソンまで早朝ランを継続していかなければなりません。

なんだかんだで3日連続早朝ラン

そんな3つのルールを決めたのが月曜日の朝だったのですが、なんだかんだで今日で3日連続早朝ラン。

朝起きるときはとんでもなく身体が重く、昨日今日はかなり冷えてきてと、ここ最近の私なら速攻サボってしまいそうなシチュエーション。

・・・ですが、5キロしか走らなくていい、ペースは絶対に上げないの2つを思うだけで、とりあえず今のところは早朝ランに向かう事ができています。

とは言っても私のここ最近のランニングサボりぐせは相当なもので、他にもいろいろ工夫をしていかないと、またまた頓挫してしまう可能性大という事で、今後も早朝ランをサボらず続ける方法を定期的に探っていこうと思っています!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 結局長野マラソンもDNS確定という事で早速秋レースに向けて練習をはじめ…

  2. リディアードのヒルトレーニング継続で衰えたスピードを取り戻そう!

  3. スピード練習不足をリディアード式ヒルトレーニングでカバーしよう

  4. トレランシューズを履いて雪道にての早朝練習を再開してみたのですが・・・…

  5. 早朝坂道ダッシュの継続でかもしかハーフの10キロ地点付近の坂道を気持ち…

  6. 大量の汗をかいて走っていたからか「鉄欠乏性貧血」になってしまった可能性…

TWITTER