今シーズンの本命レース・長野マラソンに向けて年内はとにかくじっくり走りこもう

土山マラソンでもここ最近すっかり板についてきたダメっぷりを発揮して、2年連続途中棄権となった私。

土山マラソンではジョギングペースで30キロほどを走っただけにもかかわらず、筋肉痛は昨日木曜日まで続く有様・・・

あと2週間後には、大阪マラソンが控えているわけですが、今の状況からは到底まともな結果は望めそうもないという事で・・・

年内はとにかくしっかり走りこもう

土山マラソンでは28キロ地点あたりから、脚がほとんど動かなくなる有様だった事から考えても、スタミナ特に脚筋の持久力不足は明白となりました。

そしてまだふくらはぎの肉離れ再発リスクも十分な今の私が、今やるべき事はペースはそれほど上げずに、とにかくじっくり走りこむ事。

走り込みは、マラソンを走りきるための最低条件と言って間違いなく、この走り込みをおろそかにして結果など出るわけがありません。

そもそもここ最近故障が多い理由は、もはや走り込み不足以外の理由は考えにくい状況のため、年内はとにかく距離をしっかり踏んでいこうと思っています。

大阪マラソンはDNSか完走目標かの選択に

土山マラソンが情けない結果に終わった事で、本来ならそのうっぷんを晴らしたい大阪マラソンですが、あと2週間の練習でそれほど状況が好転するとは思えません・・・

そんな絶望的な状況で、大阪にわざわざ行ってまで、フルマラソンにもう一度挑戦する必要があるのか?

そんな事を考える一方、せっかく当選したのだから、またとりあえず42キロの走りこみ練習にはなるのだから、もったいないから出るだけ出ておこう。

そんな2つの感情が、ここ数日ずっと私の頭の中を駆け巡り続けていて、現段階ではその結論が出せずにいます。

今シーズン本命の長野マラソンに向けて

そんな私ですが、土山マラソンでこれ以上ない情けない走りをしてしまった事で、今シーズン中になんとか汚名を返上したい気持ちは強くなりました。

そこで来週からは忙しいなど何だのとどうでもいい言い訳はやめて、無理矢理にでも1日のどこかに練習する時間を必ず設けていこうと思っています。

そしてとにかく今シーズンの本命レースとなった長野マラソンに向けて、少しづつでも最も調子が良かったと思われる、3〜4年前の自分を取り戻していかなければなりません。

道のりはかなり遠く、再起に向けて今は何の光も見えていない状況ではありますが、先日の土山マラソンでの経験を無駄にしないためにも、とにかく練習を積み重ねていきたいものです。

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 雪もちらつく寒い中で久しぶりに実施した1キロインターバルは無残な結果に…

  2. 2017年の走り込みは菰野のロード→トレイルコース32キロ走からスター…

  3. 多度山のきつい舗装された坂道でもリハビリ・ノルディックウォークを実施

  4. 青学・原晋監督の基調講演を聞かせていただいて最も心に染み込んだ言葉は・…

  5. 今月の一つの目標としていた月間走行距離300キロを突破できたという事で…

  6. 故リディアード氏の「Train, but don’t st…

  7. インボディ測定で身体の衰えを数値で客観的に把握できました・・・

  8. そろそろ昨年の土山マラソンへのリベンジに向けてしっかり練習しよう!

スポンサードリンク

TWITTER