勢いと思いつきだけで今シーズンの本命レースが長野マラソンに決定

かもしかマラソンにて5キロ地点で左ふくらはぎに肉離れを起こしてしまったにもかかわらず、ゴールまで走り続けてしまったツケはかなり大きかったようで、5日経っても全く良くなる気配はなく。

やはりマラソンでの無理は、何よりも大問題である事を身をもって知ることとなりました・・・

そんな当たり前の教訓を、毎度懲りもせず得る事となった私ですが、11月には2つのフルマラソンが待っていたりします

11月のフルはサブスリー狙いがやっとの雰囲気

今日は土曜日ということで、午前は伊坂ダムにてセカンドウィンド四日市の練習会。

私自身はふくらはぎの痛みが相変わらずで、全く走れそうな気配もなく、メンバーのスタートを見送るだけの情けない有様・・・

今の状況ではあと1週間はまともに走れそうもなさそうで、ただでさえ今シーズンは走り込みが不十分なうえに、あとしばらくは走るのがやっとの有様では、2週間後に迫った土山マラソンは絶望的とも言えます。

さらにその3週間後にある大阪マラソンにおいても、それほど状況は好転するとは思い難く、土山マラソンほどではないにしろ、それほど好記録を狙えそうもありません。

そんな私が11月で狙うべき現実的(?)な目標は、ちょっと盛り気味にサブスリー。

逆に土山、大阪マラソンのいずれかで、どんな無様な走りになったとしてもサブスリー、3時間切りはなんとか達成したいところと言えます。

来年の1〜2月はとにかく忙しそうな雰囲気

そんなわけで秋のレースでどう考えても好記録が狙えそうもない私。

なんとか来年のレースに向けてリベンジを誓いたいところではあるのですが、来年の1〜2月は新規事業の立ち上げなどでどう考えても忙しくなりそうで、レースには到底出れそうもない雰囲気。

そして3月に唯一出場できそうだと思っていた静岡マラソンも、定員に達しており、すでにエントリーは締め切られています。

そんなわけで先日のかもしかマラソンでの情けない走り、そしてたいそうな結果は望めそうもない私の屈辱はどこで晴らすべきか・・・

そんな事を考えながら、今日のセカンドウィンド四日市練習会にてメンバーの方としていたある会話で、思わぬ形で屈辱を晴らすべきレースが確定する事となりました。

思いつきで長野マラソンエントリーに挑戦してみたところ・・・

その会話の内容は「今日が来年4月15日に開催される長野マラソンのエントリー日である」・・・という事。

長野マラソンホームページはこちら

4年前に出場した雪の日のレースでひどい目にあったうえ、全国屈指とも言えるエントリー合戦の厳しさのため、完全にノーマーク状態だった長野マラソン。

そんなわけでエントリー日が今日からである事すら知らなかった私ですが、とりあえずスマホでエントリー開始から2分ほど経ったところで、「つながるわけないよな・・・」と思いつ、とりあえずエントリー画面に入ってみる事にしました。

すると驚くほどあっさりエントリー画面に入ることができ、あれよこれよと言う間にエントリー完了(少し間違えてチャリティーの部でエントリーしていましたが・・・)。

こうして私の来年の、そして今シーズンの大本命レースは、勢いと思いつきだけで長野マラソンに決定する事となりました。

驚くほどあっさりエントリーできた理由はよくわかりませんが・・・

後ほどインターネットで調べたところ、今年の長野マラソンは34分で定員に達しエントリーを終了したとの事。

さらにFacebookやTwitterを見てみても、多くの方が粘りに粘ってたにもかかわらずエントリーできなかった方もいらっしゃったりという中で、私自身は驚くほどあっさりエントリーできてしまった長野マラソン。

これを単なる幸運と捉えるべきか、ここ最近の私によくある起こるべくして起こったご縁と捉えるかは定かではありません。

ただ今の状況からでも4月まで猶予があれば、十分状態を立て直すことも可能な事は間違いありません!

・・・というわけで、今は私自身どん底に近い状況にあると言えますが、なんとか長野マラソンに向け過去最高の自分を作り上げていきたいものです!!

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 今年の秋の本命マラソンレースを昨年の屈辱を晴らすべく土山マラソンに

  2. 秋の本命レース候補の一つ「大阪マラソン」の抽選結果はまさかまさかの・・…

  3. もう一つの秋の本命レース候補だった「おかやまマラソン」の抽選結果もまさ…

  4. 別府大分毎日マラソンで優勝した中本健太郎選手から学んだこと

  5. 来年の掛川・新茶マラソンは果たして開催されるのでしょうか?・・・

  6. 昨年のリベンジを誓っていたはずの土山マラソンの結果は結局・・・

  7. 前半より突っ込んで入った犬山ハーフマラソンはただただきついレースとなり…

  8. スピード強化の成果を把握すべくあざいお市マラソン・10キロの部にエント…

スポンサードリンク

TWITTER