今シーズン緒戦・かもしかハーフの目標タイムはなぜか強気の・・・

スピードは一向に上がる気配なく

昨日の日曜日の夜は中央緑地トラックにて、自主練でインターバル走を実施。

本来なら1キロを3分45秒ペースで10本行きたかったところなのですが、3本を終えた時点であえなく撃沈。

その後400mインターバルに切り替えたものの、82〜84秒前後とたいしてペースも上がらず、400mも7本を終えた時点で終了。

今シーズン、ほとんどスピード練習を行なっていない事もあると思いますが、現状のままでは直前に迫ったレースにかなり不安がある状態のはずなのですが・・・

なぜかそこそこ自信のある今シーズン緒戦・かもしかハーフ

10月8日(日)にエントリーしていたあざいお市マラソン・10kmをDNSする事に決めたため、私の今シーズンの緒戦は10月15日(日)、翌々週に迫ったかもしかハーフとなります。

かもしかハーフ・ホームページはこちら

ここ最近実施したインターバルでは早々に失速続きとスピードもなかなか上がってこず、それほどしっかり走りこめているわけでもない現状。

本来ならかもしかマラソンの結果も絶望的に思えるのですが、なぜか今シーズンはそこそこ走れそうな自信があります。

その自信の根拠の一つが、何より現段階で故障らしい故障を何一つしていない事。

ここ3年ほどの私と言えば、常に何かしらの故障を抱えながら、もしくは故障の影響でほとんど練習ができない状態でレース本番を迎える事になるなど、万全の状態でレース本番に臨めた事は一度もありませんでした。

それに比べると今シーズンは春先から貧血やモチベーション不良こそあったものの、故障らしい故障を何一つしておらず、練習の質はともかく、練習を継続する事はできています。

今や上り坂を走るのは楽しみの一つ

そしてもう一つの自信の根拠が、今まで苦手だったはずの上り坂が、むしろ得意になっている事。

先週土曜日にセカンドウィンド四日市で実施した伊坂ダム練習でも、上り坂はそれほど頑張らなくてもグイグイ走れる感があり、最近は上り坂を駆け上がるのが密かな楽しみになりつつあります。

ここ3年ほど続いた不甲斐ないレースを思い返してみると、上り坂が近づくと、弱気の虫が騒ぎ出し、減速するのが癖になりつつありました。

それに比べると今シーズンは上り坂が近づいてきても、まったく物怖じする事なく、むしろ強気に上り坂を駆け上がっていけそうな気がしています!

今シーズン・かもしかハーフの目標は?

そんなわけで故障もなく、上り坂への苦手意識も完全に克服できつつある今シーズン、言い訳は何一つできません。

そんな私が今シーズン緒戦で走るかもしかハーフで目指す目標タイムは「1時間20分切り」。

今までのかもしかマラソンでは10キロ付近にある強烈な坂道で、かなりの失速をしていた気がしていますが、今シーズンはそれほど失速せず走りきれる自信があります。

ちなみにハーフで1時間20分を切るためには、1キロを3分45秒で走らなければいけません。

先日のインターバルで1キロ3分45秒で走って、3本しか持たなかった私にとって、このペースはかなりきついはずなのですが、もとよりレース本番にはかなり強い私。

根拠は何一つありませんが、なんとかなると思っています!

そんなここ最近になかった強気な気持ちで向かっていける事となる、2週間後に迫ったかもしかハーフ。

目標が達成できるかどうかはともかく、本命の土山マラソンにつなげられる走りができるよう、これから2週間万全のコンディションを整えて行きたいものです!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 秋のレース第1戦目として「第12回かもしかハーフマラソン」にエントリー…

  2. 土山での消化不良感を解消すべく、今年度中にエントリーする大会を考えては…

  3. 10月8日(日)はあざいお市マラソンをやめて四日市ドームでのロゲイニン…

  4. 勢いと思いつきだけで今シーズンの本命レースが長野マラソンに決定

  5. 秋の人気フルマラソンレース(おかやま・大阪・神戸)の競争倍率が出揃いま…

  6. 秋の本命レース候補「おかやまマラソン」と「さいたま国際マラソン」(とも…

  7. 2017年の志摩ロードパーティハーフマラソンは従来の4月開催に戻るとの…

  8. 来年の掛川・新茶マラソンは果たして開催されるのでしょうか?・・・

スポンサードリンク

TWITTER