滋賀遠征での疲れが取れていないわりにはヒルトレ・インターバルでしっかり追い込み

先週末の土日にセカンドウィンド四日市の滋賀遠征練習会で、かなり走りへのモチベーションも高まってきました。

・・・はずなのですが、滋賀遠征での疲れは相当なものだったようで、帰ってきてからはとにかく身体が思うように動いてくれず。

結果セカンドウィンド四日市の練習会で、メンバーの皆さんと走った以外は全く走っておらず。

それでもそこそこいい練習ができているのが、とにかくありがたい状態だったりします。

木曜日はヒルトレーニングでしっかり追い込み

木曜夜のセカンドウィンド四日市の練習会メニューは、霞ヶ浦緑地公園・四日市ドーム南口付近の坂道を利用してのヒルトレーニング+1キロジョグの交互を5セット。

この木曜練習会で実施するヒルトレーニングは、ランニングドリルと体幹トレーニングの組み合わせのようなメニューなのですが、下手なインターバルよりはるかにきついトレーニングとなります。

ここまで思うようにスピード練習ができていない私にとって、このヒルトレーニングは頼みの綱とも言え、秋のレースはこのヒルトレーニングの成果がどこまでのものかで大きく左右されるとすら思っています。

ひさしぶりに400mインターバル

そして金曜夜のセカンドウィンド四日市練習メニューは、中央緑地公園・陸上競技場のトラックを利用しての400mインターバル。

今日は1本90秒(キロ3分45秒ペース)目安のメンバーの方のペースランナーとして、私自身は400mインターバルx10本を実施させていただく事にしました。

ここ最近キロ4分を切るペースで走る練習はほとんどしておらず、しかも滋賀遠征での疲れ、そして昨日のヒルトレーニングでの疲れは明らかに残っていました。

・・・がいざセカンドウィンド四日市メンバーを引っ張るとなると、当然疲労が溜まっているからという言い訳は通用しないという事で、気を引き締めていざ走り出すと、意外なほどペースは上がって、9本目まで84〜86秒と設定ペースより速いペースに。

脚はかなり重く、思うように動きませんでしたが、呼吸自体はかなり楽に感じつつ、ラスト1本は71秒で走り終えて、400mインターバルを終了。

今シーズン、スピードには全く自信がなかったのですが、毎週のヒルトレーニングの成果か、それなりにスピードアップできているのを実感できる400mインターバルとなりました。

ウェーブクルーズ ジャパンはやはり走りやすい

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブクルーズ JAPAN 25スカイブルー×ホワイト×フラッシュイエロー 26.5

今日の400mインターバルで履いたシューズは、「ミズノ ウェーブエンペラー ジャパン」と間違えて購入してしまった「ミズノ ウェーブクルーズ ジャパン」。

このシューズは箱根駅伝ランナーが履くようなエリート向けシューズで、私には分不相応なシューズと言えるのですが、なんだかんだでトップランナー御用達という事でスピードの出やすさは別次元とも言えます。

とにかく軽く、地面の反発をほどよく受けてくれ、靴底の地面を掴む感覚も素晴らしくと、故障のリスクがかなり跳ね上がるであろう事を除けば、今まで履いたシューズの中でも最上位に入るであろうスペックを誇っています。

今日の400mインターバルでは私の走力というより、このシューズの性能に助けられた部分がかなりあったような気がずっとしていました。

今後はダントツの走りやすさと故障のリスクのバランスを考えながら、どのシーンでこのウェーブクルーズジャパンを履きこなすかが、今シーズンの大きな鍵となるような気がしてきました。

なんだかんだで2日間いい練習ができたという事で

・・・というわけで滋賀遠征の疲労がなかなか取れず、思うように走れないはずの私ですが、セカンドウィンド四日市練習会のおかげで、昨日今日となんだかんだでかなりいい練習ができました。

それもこれもセカンドウィンド四日市メンバーのみなさんのおかげとしか言いようがありません。

今シーズンは春先からここまで本当にメンバーの皆さん、着実に走力アップにつなげられていて、そんなメンバーの走りに頼もしさを感じるとともに、自分も負けていられないと心より思えてきます。

そんな周囲に助けられ続けながら、気がつけば秋のレースシーズンの序盤戦となる10月ももう間近。

これからはなんだかんだでセカンドウィンド四日市メンバーの皆さんのおかげで、できてきつつあるスタミナの土台に、スピードをうまく乗せていくイメージで、しっかり秋のレースに向けてコンディションを整えていきたいものです!!

今日の400mインターバルで履いたシューズ

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 東員町スポーツ公園陸上競技場は見晴らしのとてもいいトラックが魅力

  2. 仲間と走る事の楽しさを知るきっかけとなった思い入れのある多度山コースに…

  3. 将来の土台をしっかり作れた2017年は伊坂ダムにて走り納め

  4. 雪の影響により中止とさせていただいた伊坂ダム2時間走でしたが・・・

  5. 伊坂ダムに起きたちょっとした奇跡のおかげで走るモチベーションが大幅にア…

  6. 大学駅伝強豪校の青山学院が実施する「青トレ」メニューをベースに動的スト…

TWITTER