10月8日(日)はあざいお市マラソンをやめて四日市ドームでのロゲイニング出場へ

上り坂への苦手意識は確実に克服できていますが・・・

今シーズン、苦手だったはずの上り坂については、かなり克服できてきている気がするのですが、スピード練習をほとんどやっていないからか、スピードが一向に上がってきません。

10月8日(日)にはスピード強化の成果を確認すべくあざいお市マラソン・10キロレースを入れているのですが、今の状況ではまず納得いく走りができません。

この秋の私のテーマは今まで苦手だった上り坂のきついレースで、納得いく走りをして、ここ最近不甲斐ない走りの連続で完全に失いがちな自信を取り戻す事。

そう考えると、あざいお市マラソン・10キロレースは自信をまたまた失ってしまうだけで、出る意味があるのか・・・そんな事を9月の頭頃より考えていました。

あざいお市マラソンと同日に四日市ドームにてロゲイニングが開催

そんな事を考えていた先週のはじめ、ある方からあざいお市マラソンが開催される10月8日(日)、四日市ドームにて第48回四日市スポーツフェスティバルが開催され、ロゲイニング大会があるとの案内をいただきました。

四日市スポーツフェスティバルについて詳しくはこちら

ロゲイニングとは地図をもとに、時間内にチェックポイントを回り、得点を集めるスポーツで、ガチンコで走ればかなりの距離を走りこむ事ができます。

今シーズンの私の秋の目標は、11月の土山マラソン・フルで自分で納得できる走りをする事に絞り込みました。

その目標からすると、かなりの確率で納得いく走りはできず、距離も10キロと短いあざいお市マラソンに出てまたまた自信を失うより、ロゲイニングをガチンコに走って、地元の景色を楽しみながらじっくり走りこみ距離を稼いだ方がいいような気がしてきていました。

そこでいろいろ迷った末、あざいお市マラソンを棄権して、四日市スポーツフェスティバルのロゲイニング大会に出場する事に決めました。

ロゲイニングに秘められた大きな可能性

私があざいお市マラソンをやめて、ロゲイニングに出る事にしたのは、距離を稼ぎたいからだけではありません。

それ以上に大きな理由は、ロゲイニングというスポーツに、今後私がランニングの魅力をさらに広げていくうえで、大きな可能性を秘めていると思っているから。

ランニングではどうしても走るタイムやペースばかりに目がいってしまいますが、それだけではランニングに飽きていってしまう方も多いのではないかと思っています。

ロゲイニングでは確かに速く走れる方が有利ではありますが、チェックポイントを回る順番や、地図の読み方など走る以外の要素も勝敗を大きく左右し、速く走るのは苦手な方でも勝てる可能性が出てきます。

また各地域の知る人ぞ知るような観光スポットをチェックポイントに設定する事で、地域の見知らぬ魅力に触れられるのも、ロゲイニングの大きな特徴。

私はそんなロゲイニングに、今後のランニングの可能性を広げる大きなカギがあると思っています。

どうせ出るなら優勝を目指して参加しよう!

・・・というわけで10月8日(日)はあざいお市マラソン・10キロの出場をやめて、四日市ドームで開催されるロゲイニングに出場する事に決めました。

ただレースを棄権してまで、出場するからにはできる限り上位、できれば優勝するくらいの意気込みでロゲイニングに臨みたいところです。

幸い今回のロゲイニングのエリアは四日市ドームのある羽津地区が中心と、かなり土地勘があるエリアでの開催。

この事はロゲイニングを優位に進めるうえで、大きなアドバンテージになる事は間違いありません!

そんなわけで本来楽しむ事がメインとなるはずのロゲイニングではありますが、できる限り本気で3時間を走りきって、がっつり距離を稼ぎつつ、ロゲイニングでの得点もしっかり稼いでいこうと思っています!!

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 秋の本命レース候補「おかやまマラソン」と「さいたま国際マラソン」(とも…

  2. 因縁の土山マラソン・フルにエントリー

  3. 昨年のリベンジを誓った2度目の土山マラソンはまさかまさかの人生初の途中…

  4. 秋のレース第1戦目として「第12回かもしかハーフマラソン」にエントリー…

  5. 土山での消化不良感を解消すべく、今年度中にエントリーする大会を考えては…

  6. 今年の秋の本命マラソンレースを昨年の屈辱を晴らすべく土山マラソンに

  7. 2月26日(日)開催の読売犬山ハーフマラソンにエントリー、その目標タイ…

  8. 昨年のリベンジを誓っていたはずの土山マラソンの結果は結局・・・

スポンサードリンク

TWITTER