今年の秋の本命マラソンレースを昨年の屈辱を晴らすべく土山マラソンに

ここ最近とにかく忙しくなってきて・・・

ここ最近、急激に地域でのつながりが広がってきて、急激に忙しくなってきました。

その事自体は本当にありがたい事なのですが、なかなか思うように走る事ができていないのも事実。

今年の秋は4つのレースにエントリーしているのですが、今のままではどのレースも中途半端な走りに終始してしまいそうな気配。

そこで秋のレースの目標を、思い切って絞り込む事にしました。

秋のレースですっかり失ってしまった自信を取り戻そう

先日のスピード練習では、思っていた以上にスピードが上がらない事を痛感させられました。

一方現状で明らかに強みになりだしているのが、今まで苦手意識を持っていたはずの上り坂が、むしろ得意にすらなってきている事。

そう考えるとこの秋の目標は、今まで苦手意識を持っていた上り坂の多いレースで、納得のいく走りをする事。

そしてここ最近すっかり失ってしまいがちな自信を取り戻して、より前向きな気持ちで来年のレースに向かう。

それが最も実現可能、かつ今後に繋がる目標である気がしています。

秋の本命レースを土山マラソンに

私が秋のレースで坂道の多いコースと言えば、10月のかもしかマラソン、そして11月の土山マラソンの2レースという事になってきます。

中でも土山マラソンは昨年人生初の途中リタイアとなった因縁の大会とも言え、自信を取り戻すという目標からすれば、この土山で快走する事が最も今後に繋がる気がしています。

昨年の土山マラソンは結果としてはハムストリングの肉離れによる途中棄権でしたが、スタートする前から坐骨神経痛に悩まされており、直前まであまり練習できなかった事にこそ、途中棄権となった最大の要因だったと思っています。

それに比べると今年は現段階で故障らしい故障箇所は一つもなく、ここまで練習があまりできていないとはいえ、まだ2ヶ月近くレースに向けてじゅうぶんな練習を実施していく事が可能。

これからの練習を土山マラソン・フルに向けての練習に絞り込む事ができれば、まだ十分納得いく走りができるようになるところまで仕上げる事は可能だと思っています。

とにかく上り坂での走りを磨こう!

・・・というわけで今年の秋の本命レースは、11月末に控える大阪マラソンではなく、11月5日(日)に開催される土山マラソンに確定する事にしました。

アップダウンがとにかくきつい土山マラソンで結果を出すためには、さらに上りでの走りを磨く事が何よりも重要です。

そんな上りでの走りを磨くためのコースが、伊坂ダム周回コースをはじめ四日市には数多くあります。

今年の秋は、そんな四日市のアップダウン対策コースをフル活用して、とにかく土山マラソンでの快走、そして来年に繋がる身体をしっかり作っていこうと思っています!!

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. もう一つの秋の本命レース候補だった「おかやまマラソン」の抽選結果もまさ…

  2. 2017年の志摩ロードパーティハーフマラソンは従来の4月開催に戻るとの…

  3. 初挑戦の「みのかもハーフ」はきつい上り坂に苦しみ続けながらのレースとな…

  4. 10月8日(日)はあざいお市マラソンをやめて四日市ドームでのロゲイニン…

  5. 3月本命予定だった「豊橋ハーフ」は情けないDNSと終わってしまいました…

  6. 肉離れ再発の可能性は結構ありますがとりあえず土山マラソン出走を決定

  7. 今シーズン本命レースのはずの洞爺湖マラソンは棄権して・・・

  8. 洞爺湖マラソンに向けた調整レースとして志摩ロードパーティハーフマラソン…

スポンサードリンク

TWITTER