今年の秋はとにかく伊坂ダムを徹底的に走りこもう!

いまいち上がらないモチベーション

9月に突入して、セカンドウィンド四日市メンバーとの話題も、自然と秋レースに向けての内容が増えてきました。

この夏場は例年になく充実した練習ができ、確実にメンバーの皆さんの走力が上がってきているのを実感しています。

一方私はと言いますと、今年度に入ってからスピード練習を全くと言っていいほどしておらず、走り込みもそれほどできているわけではありません。

それでいてそれほど秋のレースに向けて、焦る気持ちもなくと、どうもモチベーションが上がってこない状態が続いています。

先週に引き続き今日も伊坂ロング走

そんなモチベーションの上がらない状況でも、なんとか練習だけはしておこうと、今日は午後よりセカンドウィンド四日市にて、単に自分が走り込みたいから・・・という理由により、先週に引き続き伊坂ダムロング走を実施。

・・・と言っても今日は金曜日夜から続く左ふくらはぎの肉離れらしき症状を確認すべく、メンバーの方とキロ6分半前後のゆっくりペースでジョグをスタート。

いざ走り始めると、思いの外左ふくらはぎの状態はよく、そこそこ走れそうな雰囲気。

ただここで無理する必要は全くないということで、今日はキロ6分半を維持してロング走を継続する事にしました。

それでも伊坂ダムのコースはアップダウンがきつい分、ゆっくり走っていても、いい感じに脚筋に刺激が入ります。

そのおかげで後半にかけては、かなり脚が重く感じましたが、6周21キロ超をメンバーの方との会話を楽しみながら走りきって練習を終了。

今日も結局セカンドウィンド四日市メンバーのおかげで、それなりの距離を走りこむ事ができました。

上り坂に関しては明らかに得意意識が!

今日の伊坂ダムロング走でもあらためて感じたのは、相変わらず上り坂についてはかなり楽に走れている感覚があるという事。

今まであれだけ苦手にしていたはずの上り坂に対して、ここ最近は明らかに得意意識が芽生えてきています。

走り込み不足、スピード練習を全くやっていない現状ではありますが、この事だけは秋のレースに向けて大きな自信につながっています。

そして秋にエントリーしているかもしかハーフ、土山フルと、かなり上り坂がきついレースにおいては、これ以上ない武器ができつつある気がしています。

秋はとにかく伊坂を走りこもう!

そんな上り坂に対してだけは明らか強みが出はじめている今、自分がやるべき事は、その強みをさらに強化する事。

そして元来の私の強みであったスタミナを、全盛期の4年前のレベルまで取り戻す事。

この2つさえできれば、少なくとも秋のレースシーズン、フルマラソンについてはそれなりの結果を残せる気がしています。

そんなこれから秋のレースに向けて重視すべきは、やはり伊坂ダムでの走り込み。

・・・という事でこれから11月の土山マラソンまでは、アップダウンがきつく、1周3.6キロと長い距離を走りこむにも最適な伊坂ダムで、上り坂対策とスタミナ向上に向けた練習をしっかり行っていこうと思っています!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 今度こそ「NO.1 メンタルトレーニング」の内容をとにかく実践しよう!…

  2. 絶不調と言っているわりにはなぜか上り坂を駆け上がる時だけ好調な理由・・…

  3. 「ミズノ ウェーブエンペラー」のすぐれたグリップ感のおかげで400mイ…

  4. 現在暑さ・貧血・疲労により絶不調気味ではありますが・・・

  5. 長野マラソンに出場するべきかしないべきかで悩み中

  6. 東京・姫路マラソン組の1週間前の刺激入れとして霞埠頭10kmタイムトラ…

TWITTER