津市経が峰にてトレラン+峠走で久しぶりにガッツリ走り込み

今年の夏場は山で鍛えるつもりはあったのですが・・・

今年の夏場は山で自分の弱い部分を叩きなおすため、定期的に山で走りこもう。

夏が始まる前はそのような考えにいたっていたはずの私ですが、結局一人で山に行く根性もないまま8月も後半にさしかかろうとしています。

そんな私に鞭打ってくれたのは結局のところ・・・

経が峰トレランを実施

セカンドウィンド四日市のイベントとして、メンバーの方にルート等も完全にお任せして、津市経が峰にてトレランを実施しました。

経が峰は今月10日にもメンバーの方の案内で登っているのですが、今回は少し難易度を下げたルートで実施。

貧血からようやく復調気配という事で経が峰トレランとダムカレーを満喫してきました

そして時折歩きも交えながらのトレランだったのですが、もともと山道が苦手な私にとって、ペースの速い遅いはあまり関係なく、しかも結構な暑さの中、山頂を目指してフラフラと登って行くことに。

ただ前回登った時はかなりの曇り空でしたが、今日は比較的晴れていたおかげで、山上から見える景色には何度も心癒されました。

そして標高814mの頂上から見えた景色は、前回以上の絶景で、最近登ったばかりにもかかわらず新鮮な感動がありました。

トレランではとにかく下りが怖くて仕方なく・・・

そんな経が峰トレランですが、私の場合、本当にきついのは登りより下り。

もともと高所恐怖症の私、山を下って行く時は、「ここで滑って転んだらどうしよう・・・」などと、常に最悪の事態ばかり思い描いてしまい、なかなか足が前に進みません。

そこでメンバーの無事を見守るため・・・という名目のもと、最後尾で下山していたのですが、足はすくみっぱなしで、何度もメンバーの一団から離されそうになる始末。

こんな様では、山で走りこむのは結局無理だったような気がしました・・・・

トレラン後には峠走を実施

そんなこんなで何度もメンバーの足を引っ張りそうになってしまっていましたが、メンバーの皆さんには怪我ひとつなく、無事経が峰トレラン・往復約15kmが終了。

経が峰トレランの様子について詳しくはこちら

ただまだ走り足りないメンバーが数名いらっしゃったため、スタート・ゴール地点となる津市芸濃町のふれあい公園につくやいなや、そのまま近くにある往復約14キロのロード峠走に出向くこととなりました。

山道では情けない走りを続けていた私ですが、今シーズンはロードの上りではかなりいい走りができています。

今日も例外でなく、そこそこきつい峠道も結構いいペースで走れて、ここにきて上り坂への苦手意識は完全に払拭された気がしています!

そして下りもメンバーの皆さんと会話を楽しみながら、楽しく走って14kmの峠走も無事終了。

ここ最近あまり走りこめていませんでしたが、今日は結局経が峰登山15km+峠走14kmで30km近く走りこめてと、久しぶりに充実した走り込みを行うことができました!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 2017年のセカンドウィンド四日市の活動は多度参拝ラン+αからスタート…

  2. 四日市市制120周年記念四日市リレーマラソンにSW四日市メンバーと出場…

  3. 来年度のランナー育成方針づくりのベースとなる「リディアード理論」を徹底…

  4. セカンドウィンド四日市のチームアイコンとロゴを一新して気持ちも新たに!…

  5. 「SWAC三重・伊坂ダム変化走イベント」にて肉離れより復帰早々30キロ…

  6. 名古屋ウィメンズマラソンでのランニング仲間の快走を願って多度参拝めぐり…

  7. セカンドウィンド四日市金曜夜練習会で久しぶりの200mレペティションを…

  8. ダニエルズのランニング・フォーミュラをベースにマラソンランナー一貫指導…

スポンサードリンク

TWITTER