因縁の土山マラソンコース試走をセカンドウィンド四日市で実施

今日はセカンドウィンド四日市で開催するイベントの中でも、屈指のきつさを誇ると言われるイベントを開催しました。

そのイベントとは滋賀県甲賀市で開催される土山マラソン・フルマラソンコースの試走。

ただでさえ暑い今の時期、そして関西でも屈指の難コースと言われる土山マラソンの試走となったわけですが・・・

昨年は37度とかなり過酷なコンディションでしたが

ただでさえ暑いお盆時期に開催する土山試走ですが、昨年の気温は37度ととんでもない暑さ。

私自身も去年は42.195kmを完走こそしたものの、暑さのあまり30キロ過ぎからは記憶が飛んでしまってと、とんでもない過酷な状況の中での開催となりました。

・・・のですが今日は朝から少し曇りがちで、涼しい風も吹いていてと、ここ最近蒸し暑い日が続いたことを考えると、奇跡的とも言えるコンディション。

昨年はメンバーで完走者が12名中3名だったのですが、今年は絶好のコンディションの中、何人のメンバーが完走できるか・・・注目の試走となりました。

前半はサポートカー役としてメンバーをサポート

昨年はスタートからゴールまでフルに走った私ですが、今年はスタートからのコース前半部はメンバーの給水などを運ぶべく、サポートカー役として車を運転。

今日は本当に涼しい風が吹いていて、走っているメンバーの皆さんも快調そのもの。

給水時にメンバーに声をかけても、全員が元気そうで、安心してメンバーの走りを見る事ができていました。

・・・がサポートカーが一時的にいなくなった、16キロから18キロ地点付近であるトラブルが起こったことより、ハーフ地点に到着するまでにメンバーの皆さん、4キロほど余分に走っていたようでした・・・

セカンドウィンド四日市の土山試走・詳細についてはこちら

ハーフ過ぎからは因縁のコース後半を試走

そして私自身はハーフ地点過ぎから、メンバーの皆さんとともに試走をスタート。

昨年の土山マラソン本番では肉離れにより、23キロ地点にて人生初の途中棄権の屈辱を味わいました。

そのため昨年のレース本番では、コースの後半をほとんど走れていません。

そんな因縁のコースですが、今日は今の時期にしては奇跡とも言える涼しさのおかげもあって、予想以上に快適に約21キロを走って、最後は結構なスピードまでペースアップしてゴール地点へ。

おかげで昨年の悪夢とも言える土山マラソン途中棄権のイメージを、かなり払拭できた気がしました!

今年こそ土山マラソンでリベンジしよう!

今シーズンはヒルトレーニングや坂道トレーニングの成果か、今までかなり苦手意識を持っていた上り坂をかなり楽に走れるようになった感覚があります。

それは今日の土山試走でも健在で、土山コースで一番きつい17キロ過ぎのどぎつい坂こそ走らなかったものの、最後まで上り坂できついと思う局面はありませんでした。

さらに昨年と違って、今年は腰の違和感も全くなしという事で、めずらしく全く故障箇所がない状態でここまで来れています。

あとは今から土山マラソンまでの間に、ある程度の距離が走り込めれば、昨年の途中棄権の屈辱は晴らせそうな気配大。

・・・というわけで、これからは着実に走りこむ距離を伸ばしていこうと思っています!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 伊坂ダムでもランニング仲間の名古屋ウィメンズマラソン快走祈願

  2. 来年度のSW四日市の土曜練習会コースは伊坂ダム周回コースと南部丘陵公園…

  3. 今週末に予定しているSW四日市・滋賀県遠征練習会の会場となる希望が丘文…

  4. 「第21回ランナーズ24時間リレーマラソンin舞洲スポーツアイランド」…

  5. 10月初日はセカンドウィンド四日市「レースに向けた食事戦略+テーピング…

  6. 2017年最初のセカンドウィンド四日市練習会は四日市ドーム⇄垂坂公園ロ…

  7. 8月27日(土)開催イベントの下見も兼ねて四日市港沿い約20キロをロン…

  8. 秘密の特訓所にて21キロを走って月間走行距離300kmを突破!

スポンサードリンク

TWITTER