貧血からようやく復調気配という事で経が峰トレランとダムカレーを満喫してきました

ここ最近ずっと貧血気味でしたが、8月に入ってから走る量を大幅に減らしたところ、ようやく復調の気配が漂ってきました。

またここ最近溜まりに溜まっていた仕事も、ようやく落ち着いてきたという事で、今日は朝より津まで行っておりました。

初の経ヶ峰トレランをスタート

今日は朝よりセカンドウィンド四日市メンバーの方の案内で、津市芸濃町のふれあい公園なるところからランニングをスタート。

その目的地は経ヶ峰山頂。

・・・というわけでまずはロードの峠道を走り始めたのですが、ここ最近練習量を減らしていた事から、かなりの不安を抱えながらのスタート。

ただヒルトレーニングの効果か、上り坂は相変わらず楽に上れている感覚がありました。

そして時折涼しい風も吹いていて、気持ちよく峠走を行えている感覚がありました。

・・・が経が峰の登山道に入って、山道を走る段階になると、どれだけペースを落としても本当にきつく、呼吸は乱れに乱れはじめました。

さらに経メンバーの方に案内いただいた登山ルートは上っては、下りの繰り返しで、いつになったら山頂に到着できるのか、ずっと不安を感じながらのトレラン。

特に山道では下り坂に苦手意識のある私にとっては、とにかく過酷な経が峰トレランとなりました。

経が峰山頂からの景色はなかなかの絶景でしたが・・・

そんな過酷なトレランをなんとか乗り越え(?)標高819mのところにある、経が峰山頂に到着したのは、スタートしてから約3時間ちょっと。

かなりの回り道をしながらの登山ではありましたが、山頂に到着するまでにかなり時間がかかりました。

今日は少し曇っていたものの、山頂から見える山々の景色は水墨画のようでなかなか趣のある絶景。

・・・でしたがお腹が空いていたこともあり、景色はそこそこに下山をスタート。

案内いただいた下りのルートはひたすら下りだったのですが、とにかく山道の下りが苦手な私、ノロノロペースでしか走れず、メンバーの方に迷惑をかけっぱなし。

さらに山を下りるにつれて、気温はどんどん上がってきて、最後の最後は完全に暑さでバテバテ状態でしたが、30分ちょっとで下山して、スタート地点に戻ることができました。

下山後はダムカレーを堪能

今回のスタート地点となったふれあい公園の近くには、安濃ダムがあります。

そしてその近くの喫茶店には、安濃ダムにちなんでの「ダムカレー」なるものがありました。

実は今の私、ある理由よりダムカレーに注目しており、これはいただかなければ・・・という事で、迷わず注文することにしました。

その気になるお味は650円と比較的安価な割には、結構な美味しさで、経が峰トレランの疲れを癒すことができました!

やはり暑い日の食事はカレーがベストのような気がしています。

・・・というわけでようやく貧血からも復調気配で、経が峰トレランでしっかり刺激も入れられ、気になっているダムカレーも食せてと充実した午前を過ごせたという事で、そろそろ秋レースに向けて練習に本腰を入れていこうと思っています!!

 

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 久しぶりの諏訪太鼓演奏観覧で思い出した今の自分の活動の原点

  2. 「iMovie」はランニングフォーム動画編集に最適な簡単操作が魅力のソ…

  3. 3日間のリディアード・コーチング承認クリニックで学んだこと

  4. セカンドウィンド四日市金曜練習会にて久しぶりにメンバーと一緒に400m…

  5. 秘密の特訓所にて21キロを走って月間走行距離300kmを突破!

  6. 滋賀遠征での疲れが取れていないわりにはヒルトレ・インターバルでしっかり…

TWITTER