約10年ぶりに出向いた大四日市まつりでもらった大きな刺激

8月5日(土)、6日(日)は四日市の一大イベントの一つ「大四日市まつり」。

大四日市まつりでは本当にいろいろな催し物などが開催されますのですが、私にとって一つ特別な思いを持っている催しがあります。

その一つが何かと言いますと。。。

20代の時何より打ち込んだ諏訪太鼓

私、以前のブログにも書かせていただいたのですが、20代の頃は「諏訪太鼓」に何よりも打ち込んでいました。

その諏訪太鼓の最大の見せ場となるのが大四日市まつり。

20代の頃は、いつもこの大四日市まつりで太鼓をたたくのが本当に待ち遠しく、当時はこの時のためだけに1年間を生きていると言っても過言ではありませんでした。

そんな私ですが、30歳を一つの転機と捉え転職した際に、諏訪太鼓チームも引退。

その後は自分が打ち込んできた諏訪太鼓を観客としてみることに、なんとも言えない複雑な思いを抱えそうな気がして、大四日市まつりからは自ら足を遠ざけるようにしていました。

2日間に渡り諏訪太鼓競演をビデオ撮影

そんな私ですが今年は奇妙なご縁が2つほど重なり、5日(土)と6日(日)と2日間に渡り、大四日市まつりに足を運ぶことに。

そしてそのメインの目的は近鉄四日市駅前会場で開催される「諏訪太鼓競演」のビデオ撮影をするため。

私が諏訪太鼓をやっていた時は、自分のチーム以外のことに全く興味がなく、他のチームの演奏を見たことがほとんどありませんでした。

そんな私ですが、今回ビデオカメラを通じていろいろな地元団体の太鼓演奏を見ていると、各チームそれぞれに特色のあるステージを展開していて、撮影していても全く飽きる事なく。

そしてそんな諏訪太鼓を見続けているうちに、20代の頃の諏訪太鼓に打ち込んできた中で経験した数々のことを思い出しました。

そしてその経験が現在の私の大きな財産となっていることを思い出し、なんとも感慨深い気持ちとなりました。

昔のチームの仲間からもらった大きな刺激

そしてそんな諏訪太鼓競演のトリを飾るのは、私が新入社員として入社してから30歳になるまで、ずっと所属していた「近鉄百貨店諏訪太鼓」。

そのチームメンバーの半分近くが、私の現役の時とは入れ替わっていました。

それでも昔からのチームの持ち味である勇壮さや力強さは相変わらず。

加えて若い新しい力が多く加わって、ここ最近夏祭りから遠ざかったいたこともありますが、私の知らない魅力を備えた太鼓チームになっているのを感じました。

そんな昔の仲間の演奏を撮影しているうちに、芽生えてきたのは「自分も絶対にこのメンバーに負けていられない!」という強い思い。

きっかけは本当にヒョンとしたことだったのですが、結果的に約10年ぶりに出向いた大四日市まつりで、昔の仲間をはじめとした地元の太鼓打ち手の皆様から、本当にいい刺激をいただく事ができました。

そして次は私が秋のマラソンレースで多くの方にいい刺激を与える番だと心を決めて、そろそろマラソン練習を本格化させていこうと思っています!!

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 「ランナー農場」実現に向けての第一歩を踏み出すこととなりました

  2. 椿大神社はみちびきの神様が祀られ、経営の神様にも愛されたパワースポット…

  3. 今日はお盆という事で両親のご先祖様への感謝の気持ちもじっくり念じられ、…

  4. 今後の自分の進むべき道がかなり明確になったところで明日よりは新年度がス…

  5. 年初めより最重要月と位置付けていた8月が今日よりスタート

  6. マラソンを通じた今後の自分の進むべき一本の道筋が見えてきました

  7. 東員町スポーツ公園陸上競技場は見晴らしのとてもいいトラックが魅力

  8. ランナー農園実現に向けて今日は人生初のかぼちゃの植え付け作業をお手伝い…

スポンサードリンク

TWITTER