一足早いかもしかハーフコース試走でそのきつさをあらためて痛感

7月に入った昨日より明らかに気温が大幅に上昇しました。

さらに湿気も高くと、ランニングをするには今は最悪とも言えるコンディション。

そんな状況の中ではありましたが、今日はセカンドウィンド四日市で過酷なコースを走ってまいりました。

かなり早いかもしかマラソン試走

今日は朝より10月15日(日)に開催されるかもしかマラソンのメイン会場となる菰野庁舎へ。

その目的はセカンドウィンド四日市でかもしかマラソンのハーフコースを試走するため。

セカンドウィンド四日市でも多くのメンバーがエントリーしているかもしかハーフですが、そのアップダウンのきつさがかなり評判のコース。

特に10キロ地点付近の3段階に及ぶ上り坂のきつさは相当なもので、レース本番でも多くの方が歩かずにはいられないほどの過酷さ。

そんなきつい坂道も待つかもしかマラソンですが、多くのメンバーの皆さんの秋レース序盤の重要なレースになるということで、早めにコースの特徴を知っていただこうと、かなり早い時期に試走を実施しておくことにしました。

サポートカーでかもしかマラソンコースを試走

今日の私は、車でメンバーの皆さんのドリンクなどを運搬するサポートカー役。

・・・というわけで私自身は今日全く走らなかったのですが、車で走っていても、かもしかハーフのコースのアップダウンのきつさはじゅうぶんすぎる程分かります。

そんなアップダウンのきつさに加えて、今日は30度を超えていると思われるかなりの蒸し暑さで、全く走っていないにもかかわらず、たまに車から降りて外に出るだけで頭がクラクラの状態。

そんな激しい暑さにやられ、後半は歩くのすらきつそうなメンバーの皆さんもいらっしゃいましたが、全員が無事ゴール地点に到着でき、今日のかもしかハーフコース試走は終了しました。

私も早めにかもしか対策に取り組もう

・・というわけで今日は私自身は全く走りませんでしたが、車でコースをひととおり走ったり、苦しそうに走っているメンバーの皆さんを目の当たりにして、あらためてかもしかコースの厳しさを思い知らされる事となりました。

まして今日の蒸し暑さはかなりのもので、私自身が走っていたらどうなっていたのだろう・・・と考えるとゾッとしました。

かもしかマラソンが開催されるのは10月中旬と、今日ほどの暑さにはまずなりませんが、今までかもしかマラソンに出場した時のことを思い出すと、暑さに苦しんだレースがほとんど。

これは早いうちからかもしかハーフで想定される、きつめのアップダウン対策、そして暑さ対策をしっかり練習でやっていかないと、本番でえらい目にあってしまいそうです。

かもしかマラソンは復活を期す秋のレースシーズンの序盤戦として、今後に勢いをつける意味でもかなり重要なレース。

これからまだまだ暑くなってきそうな気配ですが、早めにかもしかハーフ対策を打っておく事で、秋のレースシーズンのスタートダッシュの準備を進めていきたいものです!!

 

関連記事

  1. 四日市ナイトランロゲイニング下見ランや石水渓峠走などで酷暑の中じっくり…

  2. 「名古屋ウィメンズマラソン」応援で多くの女性ランナーからいただいた多く…

  3. 伊坂ダム周辺の魅力ある不整地コースを探索ランで発掘しよう

  4. 久しぶりの40kmLSDで感じたスタミナを取り戻せている手応え

  5. 伊坂ダムでもランニング仲間の名古屋ウィメンズマラソン快走祈願

  6. 名古屋ウィメンズマラソンに向けた最終走り込みとして霞埠頭30キロ走を実…

TWITTER