伊坂ダムの守り神「伊坂丹生水神(いさかにゅうすいじん)参拝から7月をスタート

はやいもので今日から7月がスタート。

2017年もこれから後半に向けて折り返して行くわけですが、今月7月からはこの半年間に築いてきた土台のもと、いよいよ本気のアクションにつなげていこうと思っています。

その本気のアクションのメイン拠点となってきそうなのが・・・

今後の最重要拠点となりそうな伊坂ダムから7月をスタート

7月初日はセカンドウィンド四日市の土曜練習会からスタート。

今日の練習場所は伊坂ダム周回コース。

これからの私の活動は、この伊坂ダムを中心としたものが多くなってきそうな気配が高まってきています。

そんな伊坂ダムにて7月最初の練習会を実施したのですが、今日は予想以上の蒸し暑さとなり、ゆっくり走っていても汗は驚くほど噴き出してきていました。

そんな蒸し暑さの中、なんとかメンバーの方と4周走ったのですが、走り終えた時は結構なバテバテ具合で、これからとんでもない猛暑が予想されている夏場が思いやられる事となりました・・・

伊坂丹生水神にて7月最初の参拝

そして練習会終了後、歩いて向かった先は、伊坂ダムの守り神とも言える「伊坂丹生(にゅう)水神」。

伊坂ダムによく走りに行く方でも案外ご存知のない方が多い「伊坂丹生水神」は、伊坂ダム周回コースのちょうど1キロ地点あたり(2つめの坂を登って少しいったところ)を、左にコースをそれて行くところにあります。

私がこの場所を知ったのも、今思えばかなり奇妙なきっかけだったのですが、その時この伊坂丹生神社の存在を知るようになってからは、今がターニングポイントと思った時には必ず訪れるようにしています。

そんな伊坂丹生水神から7月の参拝はスタートする事にしました。

水の女神様に7月の飛躍を祈願

この伊坂丹生水神に祀られているのは、水の女神である罔象女大神(みつはのめのおおかみ)。

この水神様は昭和41年霞ヶ浦コンビナートなどに水を供給する目的で建設された伊坂ダムが完成した時に、その守護神として奈良県吉野郡川上村の丹生川上神社 水源の大神より御分霊を授受され祀られるようになったそうです。

私、ある占いによると水にかなりご縁のある人間らしく、確かに苗字にしても住むところにしてもなにかと水に関連する文字が多かったりします。

ついでに占いによると女性ばかりの家族にもかなりご縁があるそうなのですが、そんな私にとって水の女神様・罔象女神(みつはのめのかみ)様は最も相性がいい(?)ようにも思われ、今後はこの伊坂丹生神社にも志氐神社同様、定期的に参拝に来ようと思っています。

そんな伊坂丹生水神にて、私自身とセカンドウィンド四日市、そしてここ最近お世話になっている地域団体の今後の飛躍をしっかりと祈願。

ここ最近明らかに上り調子にある運気をそのままに、7月も1日1日をとにかく大切に過ごしていきたいものです!!

 

関連記事

  1. 12月9日(土)伊坂ダムにてノルディックウォーク教室を開催します

  2. 2月より入会させていただいたNPO法人やさと伊坂・山村ダム公園化推進協…

  3. 明日11月12日(日)伊坂ダムをメイン会場に「第10回八郷フェスタ」が…

  4. 9月からはランニング活動のメイン拠点になりそうな伊坂ダム

  5. 八郷フェスタの予想をはるかに上回る充実ぶりに身も心もほっこり

  6. 隠れた地元の魅力を再発見すべく伊坂ダム周辺探索ウォークを満喫

  7. これから新たな事業を展開していくうえでまず最初にやらなければならない事…

  8. 四日市市民スポーツフェスタ・ロゲイニング大会で感じたロゲイニングのポテ…

スポンサードリンク

TWITTER