ひたすらランジを続ける事で坂道をグイグイ力強く走れる身体をつくろう

ここ最近どうも違和感を感じ続けている左中臀筋の状況を診ていただくべく、昨日はいろいろとお世話になりっぱなしのカン整体さんに行ってきました。

結果中臀筋の筋肉はガチガチに固まっているようで、昨日の夜のロードジョグの際もずっと痛みを感じながら走る事に。

そんなわけで今日も走るのはやめて、ひたすら続けていたことはと言いますと・・・

ただひたすらランジで股関節まわり体幹強化

ここ最近思うように走れないかわりに、ひたすら実施している事があります。

それが体幹トレーニングの中でも、私自身最も効果があると思っているランジ。

ランジとは脚を前後に開いて、後ろに引いた脚の膝を地面につけるように、身体全体の重心を下げるトレーニングで、股関節まわりの筋肉をバランス良く強化できるメニュー。

私がフルマラソンで2時間45分台を2年連続で出した3〜5年前実施した事を思い出してみたとき、結構な頻度でランジをやっていた事を思い出しました。

そしてランジを継続してやっていた時は、上り坂をグイグイ駆け上がれていたような気もしてきました。

・・・という事でここ最近は仕事などの最中でもちょっとした時間を見つけては、ひたすらランジをやるようになりました。

特に右に比べてかなり弱い気がする左脚の股関節の強化に重点を置く事で、ここ最近感じる走りのアンバランスも改善していこうと考えています。

夜はひたすらランジウォーク

そして今日は金曜日という事で、夜は中央緑地公園にてセカンドウィンド四日市の練習会。

私自身は全く走らず、メンバーの皆さんのタイムを取りながら、ひたすらランジウォークを実施。

ランジウォークとはその名のとおりランジをしながら歩くトレーニングなのですが、ランジよりさらに負荷が上がります。

その分大きな練習効果が見込めるのですが、私が一昨年悩まされた坐骨神経痛の原因はこのランジウォークのやりすぎだったような気がしていました。

ただ思うように走れない今、手っ取り早く負荷を高め、坂道に強い身体を作るにはランジウォークしかない・・・というわけで、何度も何度もランジウォークを繰り返す事にしました。

最後のトドメはタバタ式トレーニング

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

そして最後のトドメはセカンドウィンド四日市の金曜練習会恒例となったタバタ式トレーニング(20秒のきつい運動と10秒の完全休息を交互に8セット繰り返すトレーニング)。

今日のメニューはスクワットとジャンプをひたすら繰り返す強烈なメニューだったのですが、ランジウォクでただでさえ股関節まわりに大きな負荷をかけていた私。

3セット目からはジャンプする事自体きつかったですが、なんとか8セット飛び続けて、タバタ式トレーニングを終了。

終了後のジョグでは股関節まわりが完全にアホになってしまっていましたが、全く走っていないわりにはかなりいい練習ができた気がしました!

心なしか股関節の柔軟性も上がった気が

・・・というわけで今日は相当数のランジと、ランジウォーク、そしてタバタ式トレーニングでガッツリ股関節まわりに負荷をかけました。

その効果のほどはまだ分かりませんが、一つ言える事はお風呂上がりに股関節まわりをストレッチすると、いつもよりしっかり伸ばせている感覚が。

股関節まわりの可動域向上は、私にとって大きな課題となっているのですが、股関節まわりをじっくりと伸ばす事になるランジは、その可動域向上にも大きな効果が期待できる気がしてきました。

もしこのランジを続けて股関節まわりの筋力向上、そして柔軟性が強化できたとすれば、今の走りを大いに妨げてくれている中臀筋周りの違和感は「怪我の功名」ともなり得そうな気配。

そうなる事を信じて、これから洞爺湖マラソンまではランジをひたすら継続していこうと思っています!!

 

今回の記事で紹介した書籍

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング
田畑 泉
扶桑社
売り上げランキング: 10,006
多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!