リディアード理論を今時の市民ランナー向けにアレンジしていこう

先日の記事で来年度のセカンドウィンド四日市のメンバーの皆さん、および私自身の育成方針づくりの土台としてリディアード理論を考えている事を書きました。

そのリディアード理論をより深く理解するために、私自身にとって一番いい方法が何かを考えてみましたところ・・・

ブログ記事でリディアード理論をまとめてみました

故リディアード氏の理論をまとめられたのが、ランニング専門書の名著中の名著と言われる「リディアードのランニングバイブル」。

この書籍は今から約20年以上も前に出版された書籍であるにもかかわらず、その内容は青山学院大学の原晋監督をはじめ、多くの長距離界のトップクラスの指導者の方々が、そこに書かれている内容をベースに指導を行っていると言われています。

その指導者の中にはシドニー五輪金メダリスト・高橋尚子さんを育てた小出義雄監督もいらっしゃり、「今でも1日1回は開くようにしている」とコメントしていたそうです。

そのような名指導者の方ですらが、指導のベースにしている「リディアードのランニングバイブル」、今のタイミングにこそその内容をしっかりと理解しておきたいところです。

ただ本は読むだけではなかなか理解を深めるのは難しく、紙に書くなり、人に話すなりでアウトプットする事が一番理解を早める近道だと思っています。

そして私に最も適したアウトプット方法は、ブログ記事として内容をまとめていく事。

そこでマラソンレースのためのアドバイスなどを掲載している「セカンドウィンド四日市マラソンサイト」に、リディアード理論についてまとめた記事をいくつか書いてみました。

リディアード理論についてまとめた記事はこちら(別サイト)

書けば書くほどに味が出るリディアード理論

リディアードのランニング・バイブル

ブログ記事として書けば書くほどに、その奥深さを思い知らされることになる「リディアードのランニングバイブル」。

今までなんどもなんども読んできて、その内容は自分ではそれなりに理解していたはずだったのですが、いざ記事にまとめる事を目的にこの本を読んでみると、自分の理解不足を痛感させられる事となりました。

ただ記事にまとめたからといって、内容を完全に理解できたというわけでは全然なく、まだ自分自身理解できていない箇所もあれば、自分で実際に実践してみないと理解できないと思える箇所も多くあります。

ただ今回ブログ記事にまとめてみた事で、リディアード理論を自分なりに頭の中で整理できた事は、来年度に向けて私自身大きな収穫となりました。

今時の市民ランナーの方向けにどんどんアレンジしていこう

・・・というわけで今回も多くの事を学ばせていただいた「リディアードのランニングバイブル」ですが、そこに書かれている内容はどちらかと言うと陸上競技を本格的にやっている方向けの内容と言えます。

そのため一般的な市民ランナーの方が実践するにはかなりきびしいのでは・・・思われる箇所も多々あります。

また20年以上も前に書かれた内容という事で、今となっては少し古い内容と思われるところも全くないわけではありません。

ただリディアード理論の根っことなる考え方は、ランニング初心者からシリアスランナーまでどのようなレベルのランナーの方であっても応用可能。

なのであとは私自身が「どうリディアード理論を、今時の市民ランナーに向けた練習スケジュールおよびメニュー作りにアレンジしていくか?」が大切になってきます。

リディアード理論は四日市ではまだほとんど浸透していないというのが実際のところではありますが、今回ブログ記事にまとめてみてあらためて確信したのは「やはりリディアード理論なら間違いない!」という事。

まずは仕事などで練習に多くの時間を割けないセカンドウィンド四日市メンバーの皆さん、そして私自身が成果を得られる形でアレンジしていく事で、今回の確信を本物にしていきたいと思っています!!

 

今回の記事で紹介させていただいた書籍

リディアードのランニング・バイブル
アーサー リディアード
大修館書店
売り上げランキング: 36,473
多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. ストレッチポールとバランスボールトレーニングで骨盤まわりのゆがみを改善…

  2. Featured Video Play Icon

    「世界一伸びるストレッチ」に掲載されている柔軟性テストを実施したところ…

  3. スペシャルストレッチメニューで股関節の可動性を少しでもマシにしよう!

  4. そろそろ昨年の土山マラソンへのリベンジに向けてしっかり練習しよう!

  5. 勢いのみでで実施した10キロペース走で分かった、現状でのキロ4分ペース…

  6. 金曜日に引き続いての400mインターバルで上り調子である事を実感できた…

  7. 2015年の大晦日は中央緑地公園・30キロ走で楽しく走り納め!

  8. かもしかハーフ対策のため富双緑地ジョグ+ヒルトレーニングをスタート

スポンサードリンク

TWITTER