名古屋ウィメンズ+松坂シティマラソンの応援であらためて痛感したマラソンの怖さ

今日は東海エリア最大規模のマラソンイベントと言ってもおおげさでない名古屋ウィメンズマラソン当日。

セカンドウィンド四日市でも多くのメンバーが出場されるという事で、本来なら朝一から名古屋へ応援に駆けつけたいところではあったのですが・・・

朝から松阪シティマラソンの応援へ

今日は早朝より向かった先は名古屋ではなく、全く反対方向の松阪。

その目的はセカンドウィンド四日市最小の小学6年生メンバーの子のロードレースデビュー戦を見守るため。

密かに私自身もハーフマラソンにエントリーしていたのですが、昨日の南部丘陵でのクロカン練習で十分すぎるほど練習ができたこともありDNSにし、応援に専念することにしました。

その小学生メンバーのデビュー戦、予想以外の好タイムで完走したうえ、レース自体が本当に楽しかったようで、今後もどんどんレースに出て行きたいとの事!

そんな話を聞かせてもらえただけでも、松阪まで応援に来てよかったと心から思えるひと時でした!

名古屋ウィメンズの暑さはかなり過酷だったようで

そんな小学生メンバーのゴールを見届けた後は、電車で名古屋に向かい、40キロ地点で名古屋ウィメンズマラソン組を応援する事に。

・・・したのですが、慌てすぎて電車で降りる駅を間違ってしまい、5キロ近く走らなければならない事に・・・

今日は予想以上に暑く、走っていると汗はどんどん噴き出して来て、すぐにバテバテ状態に。

結果40キロ地点に到着した段階ですでに意識が朦朧とした状態になっていて、メンバーの皆さんに声をかけていただかないと気づかないほど、役立たずな応援をしてしまっていました・・・

そしてそんなきびしいコンディションの中、42.195kmの長丁場を走っていらっしゃる女性ランナーの皆さんに、心より感心させられる事となりました。

実際そのコンディションの厳しさは相当だったようで、3名の女性ランナーが心肺停止状態になった(AEDのおかげで大事には至らず)ほか、緊急車両も20回以上出動していたとの事でした。

そんな過酷なコンディションの中、セカンドウィンド四日市の出場メンバー全員が42.195kmを無事完走。

想定外の暑さに私同様やられてしまった方もいらっしゃれば、自己ベストを大幅に更新された方もいらっしゃってと結果はそれぞれでしたが、今日のきついコンディションの中、メンバー全員が無事完走できただけで、私自身今日は本当に満足でした。

あらためて思い知らされたフルマラソンの怖さ

今日のレースで暑さで失速したのは、失速する方がおかしいとすら思っていたほどしっかりと練習が積めていたうえ、実力を兼ね備えたメンバー。

ただ私同様、暑さに極端に弱いところがある事が昨日より心配でしかたなくなり、急遽松坂から名古屋への応援を強行する事にしたのですが、悪い意味で予感が当たってしまう事となりました。

フルマラソンはスタート前にはほぼ結果が決まっていると言われるほど、それまでの練習や準備が大切なスポーツですが、どれだけ万全の状態で臨めても大きな障壁となりうるのが気象条件。

今日は昨日までの冷たい風が嘘のように無風状態となり、しかも雲ひとつない状態と、暑さに弱い方にはかなり不運なコンディションとなってしまいました。

ただ一方、暑さに弱いはずがかなりの好記録を出されたメンバーもいらっしゃって、本当にフルマラソンは何があってもおかしくないスポーツである事を痛感させられる事となりました。

今日のレース結果は必ずチームの大きな成長につながる

今日のレースではいい結果に終わったメンバーもいらっしゃれば、力を出し切れず残念な結果に終わったメンバーもいらっしゃいましたが、ひとつ確信している事はメンバーのみなさんそれぞれが本当に貴重な経験をされたという事。

フルマラソンはタイムという目に見える形で結果が出てしまうスポーツで、どうしても1回1回の結果に一喜一憂させられがちですが、大事なことは今回の結果を次にどうつなげるかという事だと常々思っています。

そのことさえ忘れなければ、今回のレース結果がどうであれ、かならず大きな成長のきっかけとなる事は、私自身なんども経験しているところです。

今日は多くのメンバーの皆さんがそんな大きな成長のきっかけをつかんでいただいたという事で、私自身は来年度に向けてよりその貴重な経験を活かせるチームづくりを模索していこうと思っています!!

 

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!