伊坂ダムでもランニング仲間の名古屋ウィメンズマラソン快走祈願

多くのセカンドウィンド四日市のメンバーも出場する名古屋ウィメンズマラソンまで残すところあと2日。

もはやこの時期になると、私自身にできる事など何もなく、あとはメンバーの皆さんが今までの練習で培ってきたものを出し切っていただく事を祈るだけという事で・・・

ある行事のためジョギングで伊坂ダムへ

今日は朝からある団体さんのある行事に参加するために、朝から伊坂ダムへ向かうことに。

自宅から伊坂ダムまでの距離は7キロちょっとと、ジョギングをするにはちょうどいい距離。

・・・という事で、自宅から伊坂ダムまでジョギングすることに。

7キロちょっとだったら楽々かな・・・などと思っていたのですが、昨日と一昨日の練習で疲労が結構残っていたうえ、道中には意外と多くの坂道が待っていて、7キロちょっと走るのが本当にきつく・・・

それでも無事30分ちょっとで伊坂ダムに到着する事ができました。

伊坂丹生水神にてメンバーの皆さんの戦勝祈願

伊坂ダムに到着してそのまま向かった先は、伊坂ダム3.6km周回コースのちょうど1キロ地点付近にある伊坂丹生水神。

到着すると、昨日の多度でと同じく、メンバーの皆さんが名古屋ウィメンズマラソンで平常心を持ってスタートラインに立っていただけることのみを強く念じさせていただきました。

伊坂ダムは今後の私の活動において、大きな拠点となりそうな地。

そしていろいろな意味でなにかと「水」に深いご縁がある私。

そんな私の願いを叶えるには、伊坂ダムに祀られている伊坂丹生水神にてお参りしないわけにはいかないと思っていましたのですが、今日はある団体さんのある行事のおかげで、レース2日前という絶妙のタイミングでお参りする事ができました。

昨日の多度といい、今日の伊坂といい、奇妙なご縁が続きでで、いよいよメンバーの皆さんの快走を確信するにいたっています!

さらに伊賀留我神社でも戦勝祈願

そして伊坂ダムでのある団体さんのある行事に参加させていただいた後は、再び自宅まで7キロちょっとのジョギング。

その途中には私の住む富田地区で最も古く由緒のあるという伊賀留我神社に立ち寄る事に。

こちらでも念じた事は同じく、メンバーの皆さんが名古屋ウィメンズマラソンで平常心を持ってスタートラインに立っていただけること。

そして参拝後は、メンバーの皆さんの笑顔でのゴールシーンをイメージしながら、自宅までジョグする事にしました。

なんだかんだでレース当日が待ち遠しい!

・・・というわけで昨日は多度、そして今日は伊坂と、完全に神頼み状態のように思われるような午前を過ごした私。

ただそれほどメンバーの皆さんのウィメンズの走りに不安を感じているかと言えば、そんな事は全くなく、間違いなく今までの中で最も不安が少なく、レース当日が待ち遠しいとすら思っている私がいます。

なんだかんだでいつもレース本番になると、想定以上の結果を出し続けられているメンバーの皆さん。

そして何よりこのウィメンズマラソンに向けて、メンバーの皆さんがしっかり練習を積み重ねているのを目の当たりにしてきた私が、不安に思う要素などあるわけもなかったりします。

・・・とは言いつつも何が起こるかわからないのがフルマラソンの怖さ、そして楽しさ。

そんな怖さや楽しさを、名古屋ウィメンズマラソンではメンバーの皆さんに存分に味わって来ていただきたいと思っています!!

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!