静岡とびわ湖マラソンで改めて痛感させられたフルマラソンのきびしさ

昨年の11月に土山マラソンで途中棄権を経験して、フルマラソンの怖さを痛感させられたはずの私。

・・・ですが、ここ最近は少しその怖さを忘れかけていたところがあったような気がするのですが、今日はその怖さを改めて痛感させられる出来事が、いくつもありました。

伊坂練習後に鶴澤神社にて参拝

今日は伊坂ダム周回コースにてセカンドウィンド四日市の日曜イベント。

私自身はメンバーの方とキロ7分よりゆっくりのペースで4周約14キロほどのジョグのみでしたが、昨日と一昨日のきつめの練習の疲れか、結構きつい練習となりました・・・

そして伊坂での練習後は、伊坂ダムのすぐ近くにある鶴澤神社にて、来週にレースを控えるメンバーの皆さんの快走を心より念じてきました。

ちなみにその鶴澤神社で参拝するまでには、きつい階段を上っていく必要があるのですが、極度の高所恐怖症でもある私、14キロの伊坂ジョグよりはるかに疲れたという話もありました・・・

静岡マラソンアップデートチェックで痛感したフルマラソンのきつさ

今日開催された静岡マラソンには、多くのランニング仲間が出場されていました。

静岡マラソンホームページはこちら

そのレース展開はランナーズアップデートでチェックできるという事で、伊坂ダム練習の時から何度もランニング仲間のラップタイムをチェックしていましたのですが、レース前半はどなたもが実力どおりの見事なペースを刻んでいる模様。

・・・という事で安心していたところ、30キロ過ぎ以降の後半にかけて大きな失速をされている方が次々と・・・

そんな失速をされていた方のほとんどは、確かな実力を持った方々たち。

今日はここ最近の中ではかなり気温も高めで、良好なコンディションとは言えなかったかもしれませんが、レース後半になって突然やってくる身体の異変は誰にでも起こり得る事とはいえ、フルマラソンの厳しさを痛感せざるをえない出来事となりました。

びわ湖マラソンテレビ観戦でさらに痛感させられたフルマラソンのきつさ

そして午後はトップランナーのみが出場することのできる「第72回びわ湖毎日マラソン大会」をテレビ観戦。

びわ湖毎日マラソン大会ホームページはこちら

今回のびわ湖マラソンには箱根駅伝のスター選手だった青山学院大学・一色選手をはじめ、多くの日本人トップランナーが出場していました。

そのびわ湖マラソンのレース展開は、元箱根駅伝のトップランナーだった日清・村澤選手が35キロ過ぎまで日本人トップを走る展開。

・・・でしたがちょっとテレビから目を離している間に、村澤選手の姿はテレビ画面に全く映らない状況に。

そして次々とランナーのゴールシーンが映される中、ようやく映った村澤選手はフラフラ状態でゴール地点の陸上競技場に入ってくるところ。

2011年の第87回箱根駅伝・花の2区で17人抜きで区間賞をとった驚異的な村澤選手の走りが、今もまだ目に焼き付いている私にとって、このシーンはかなり強烈なものがありました。

また注目の一色選手も25キロ過ぎで意識がもうろうとして、その後気を失って病院に搬送されたとのこと。

一色選手の強さはここ4年間の大学駅伝などで何度も何度も見てきていて、その安定感には絶対的なものを感じていた私にとって、またまたフルマラソンの怖さを思い知らされる出来事となりました。

もう一度気を引き締め直そう

市民ランナーであっても、トップランナーであってもフルマラソンが本当にきついものである事には変わりないという事を、今日は改めて痛感させれることとなりました。

私自身は昨年は土山マラソンで23キロ過ぎに途中棄権しており、前回フルマラソンを完走したのは後半第失速に終わった2年前の土山マラソンまでさかのぼる事になるわけですが、そのせいかどうもフルマラソン42.195kmのきびしさを忘れてしまっているところがありました。

そんな私にとって、今日の静岡マラソンでのランニング仲間の皆さんの走りや、びわ湖マラソンでのトップランナーの走りは、フルマラソンのきびしさを思い出すには十分すぎる出来事となりました。

そんなきついフルマラソンに久しぶりに挑戦する事となる「洞爺湖マラソン」まで残り2ヶ月ちょっと。

今日はフルマラソンの厳しさを何度も目の当たりにしたという事で、明日からはもう一度気を引き締め直して練習に取り組んでいこうと思っています!!

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 椿大神社のお導きで志摩ロードハーフにとりあえず出る事に決めました

  2. 今シーズンの大本命レース「洞爺湖マラソン」エントリー完了!

  3. 2017年の志摩ロードパーティハーフマラソンは従来の4月開催に戻るとの…

  4. 今年の秋の本命マラソンレースを昨年の屈辱を晴らすべく土山マラソンに

  5. 秋の本命レース候補の一つ「大阪マラソン」の抽選結果はまさかまさかの・・…

  6. 土山での消化不良感を解消すべく、今年度中にエントリーする大会を考えては…

  7. 洞爺湖マラソンに代わる本命レースを決めるため現在エントリーOKな秋の人…

  8. 秋のレース第1戦目として「第12回かもしかハーフマラソン」にエントリー…

スポンサードリンク

TWITTER