よくよく考えれば犬山ハーフに向けてしっかりテーパリングできている気が・・・

犬山マラソンまで残り2日となりましたが、ここにきて坐骨神経痛らしき症状は全くおさまり、体調はすこぶる万全。

あとはここ最近ずっと続いている気がする、レース直前になるとつい逃げ出してしまいたくなる弱いメンタル面をどうするかというところなのですが・・・

SW四日市木曜練習会で軽く6キロほどジョグ

昨日は木曜日という事で、夜は霞ヶ浦緑地公園にてセカンドウィンド四日市木曜夜練習会。

セカンドウィンド四日市練習会について詳しくはこちら

午前から雨が降り、夜も強い風が吹いていたからか、練習会の参加人数も極めて少なく・・・

名古屋ウィメンズ組をはじめ、ここ1ヶ月ほどはかなり走りこまれたメンバーも多く、今週は一度ゆっくり休んでいただくのもいいような気がしています。

・・・というわけで昨日の練習メニューは、軽く7キロほどのジョグ。

やはり坐骨神経痛の兆しは感じられず、ペースはゆっくりで気持ちよくジョグで、身体も心もほぐす事ができました。

直前刺激1としてヒルトレーニングを実施

そして練習会終了後は、四日市ドーム・南口付近の坂道を利用してのリディアード式ヒルトレーニング。

ここ最近霞ヶ浦緑地公園で走った後の、基本ルーティンともなりつつある四日市ドーム・ヒルトレーニング。

リディアード式ヒルトレーニングで実施する3つのドリルは短い距離でもじゅうぶんきついメニューですが、実施した後は明らかに身体のキレがよくなっているのを感じます。

また心肺にも程よい刺激を入れられて、犬山ハーフに向けてなんだかんだでコンディションも整ってきているのを感じました。

知らず知らずのうちにテーパリングはうまく言っている気が・・・

アドバンスト・マラソントレーニング

ここ最近、セカンドウィンド四日市メンバーの方からお借りしたアドバンスト・マラソントレーニングを熟読する日々が続いているのですが、現在集中的に読んでいるのが5章の「ベストパフォーマンスのためのテーパリング」の部分。

「テーパリング」とはレース直前期に練習の質はそのまま、量を徐々に減らしていく中で、レース本番に向けてコンディションを整えていく事。

テーパリングについて書いた記事はこちら(別サイト)

そのテーパリング期間として、アドバンスト・マラソントレーニングで書かれている期間は3週間。

そして私自身がモチベーションの低下などから、走る距離を減らしたのもちょうど3週間ほど前。

走る距離だけでなく練習の質も落ちている・・・という話もあるのですが、考えてみれば12月〜1月まで私が行ってきた練習は、距離こそは走りこんだものの、それほどペースを上げて走る練習はしておらず、質を落としたというほどの事もありません。

結果としてここにきて、レース本番に向けて体調は万全と、意図したわけでは全くありませんが、しっかりテーパリングできていた事に気付きました。

もちろん速めのペースで走る追い込んだ練習をほとんどしていない事などからくる不安は、どうしても拭い去る事ができませんが、体調が良ければ十分カバーできる気も!

あとはメンタル面を2日後に迫った犬山ハーフに向けて、いかに強気モードに持っていくか?

その事が犬山ハーフでの結果を大きく分ける気がしてきました。

 

今回の記事で紹介した書籍

リディアードのランニング・バイブル
アーサー リディアード
大修館書店
売り上げランキング: 31,511
アドバンスト・マラソントレーニング
ピート フィッツィンジャー スコット ダグラス
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 128,088
多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!