犬山ハーフマラソンまで残り2週間ちょっとになったという事で・・・

2月に入ってから明らかに走るモチベーションは下がっていますが、本命レースが5月とまだ3ヶ月以上あります。

人間どんなに意志が強くても半年近くも頑張り続けられるわけがなく、そう考えると今は多少気を緩めてもいいような気もしています。

・・・とは言いつつも、そろそろ真面目に練習を頑張ろうと思いはじめた矢先に、私にある封書が届きました。

犬山ハーフマラソンより封書が届きました

昨日2月26日(日)開催の第39回読売犬山ハーフマラソンより封書が届いていました。

その中身にはナンバーカード引換証等や大会案内が入っていました。

こうした大会からの案内が届くと、いよいよレースが近づいてきたな・・・と気が引き締まる思いがするのが不思議なものです。

レースに出場するのは、肉離れにより途中棄権に終わった11月上旬の土山マラソン以来。

今回の犬山マラソンでは久しぶりのレースという事で、何よりレース本番の空気に呑まれてしまわないようにしたいところです。

犬山ハーフの目標は1時間19分切りとしていますが・・・

そんな犬山ハーフマラソンでの目標は1時間19分切りと、自己ベストを30秒以上更新しないと達成できないタイム。

ちなみに1時間19分切りを達成するための目安となるのが、キロ3分40秒前後のペースとかなり速いペース。

・・・ではあるものの、12月に430キロ、1月に500キロと、距離こそ走り込んでいるものの、スピード練習はほとんどしておらず、たまに実施しても消化不良な内容に終始していて、キロ3分40秒前後のペースでどれだけ走れるか全く自信がありません。

ただ今更こんなことを言ってみてもどうしようもない話のため「とりあえず犬山本番では行けるところまで3分40秒ペースで頑張ってみる!」くらいの軽い気持ちでのぞんでみようと思っています。

とりあえずこれから2週間、ちょっと頑張ってみよう!

・・・というわけで犬山マラソンの封書が来たことで、犬山ハーフで1時間19分を切るのがどれだけきついか?

そしてその先に待っている洞爺湖フルで2時間40分を切ることがどれだけきついか(無謀か・・・)、現実にようやく引き戻されることとなりました。

それと同時にここに来てようやく走るモチベーションも高まって来ました。

犬山ハーフマラソンまでは残り16日ほどと、残りの日数はかなり限られますが、2週間以上あればまだできる事はいくらでもあるはず!

・・・という事で、今日の夜からは間近に迫った犬山ハーフマラソンに向けて、今やれる事を一つ一つ着実にこなしていこうと思います!!

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!