勢いのみでで実施した10キロペース走で分かった、現状でのキロ4分ペースの余裕度

火曜日のインターバルで少し自信をなくしてしまい、練習のモチベーションが早くも下がってきてしまっている私。

ダメダメだった1キロインターバルの結果はこちら

とは言うものの、ここでまた練習をサボってしまっては、ここ3年間続いたダメダメの結果を繰り返すだけという事で・・・

霞ヶ浦緑地トリムコースで軽くジョグのつもりが・・・

今日は木曜日という事で夜は霞ヶ浦緑地公園にてセカンドウィンド四日市の練習会。

その前に自主練でダメな時はダメな時なりに、走行距離だけでも稼いでおこうと、軽くジョグをするつもりで夕方より走り始める事にしました。

今の霞ヶ浦緑地公園は、国体に向けた工事のため2.2kmのトリムコースの一部が閉鎖されていて、1.6kmちょっとのコースしか走れません。

加えて先週末に降った雪がまだ残っていて、ドーム付近は滑る危険性もあるという事で、ドーム前を走らずに済むさらに短い1.1kmちょっとのコースを走ることにしました。

今日は気温もかなり低く、走り出しから思った以上にペースも上がらず、「今日もまたダメそうだな・・・」などと思いながらの走り出しだったのですが・・・

急遽10キロペース走を実施する事に

そんなまたまた芽生えてきたネガティブな心境のまま2キロほどを走った段階で、なぜか気持ちにスイッチが入るのを感じました。

なぜかよく分かりませんが、とりあえず速いペースで走らなければと気が急きはじめ、3キロを通過した段階で、急遽キロ4分までペースアップ。

そしてそのままキロ4分ペースでの10キロペース走に、メニューを変更する事にしました。

なんだかんだ言ってもキロ4分だと、今の私でもある程度余裕を持って走れるペース。

・・・というわけでキロ4分ペースを維持して、それほど呼吸の乱れもなく10キロを走りきることができました。

やはりしばらくはスピードの強化に集中しよう

今日の10キロペース走でわかった事は、現段階においてもキロ4分ペースだと、10キロペースを維持して走っても、そこそこの余裕を持って走れるという事。

そして火曜日の1キロインターバルでわかった事は、キロ3分45秒を切るペースまで上げると、呼吸が乱れてしまう事。

この事から洞爺湖マラソン2時間40分切りに向けて、やるべき事がいくつか導き出されるのですが、とりあえず現段階でわかった事は、ここ2ヶ月間近くの走り込みでスタミナの底上げはそれなりにできてきているという事。

ただ速く走る練習をほとんどしていない分、キロ4分を切るペースまで上げると、脚筋や心肺に急激な負荷がかかるのか、思うようにペースが上がらない・・・というのが現状だと思っています。

・・・となるとやはり現段階で強化すべきは、レペティションによるスピードの底上げ。

このスピードの底上げができれば、もう少し余裕を持ってインターバルでのペースアップも可能なはず。

・・・という事でこれから1ヶ月間ほどは、やはり当初の予定どおり平日のスピード練習はレペティション重視で、スピードの底上げをしっかり行っていく事で、2月中旬から待っているインターバル強化期間・フェーズ3に備えていきたいものです!!

5月に控える洞爺湖マラソンに向けたフェーズ分けについて詳しくはこちら

 

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!