今日で終了のフェーズ1(基礎づくり+故障予防)を振り返り

今日は昨日からの大雪の影響で、家から一歩も外に出れず。

・・・というわけで今日は全く走らないノーランデーとなったのですが、今日は1つの期間の最終日となっていました。

基礎づくり+故障予防フェーズは今日で終了

昨年の12月、5月の洞爺湖マラソンでの2時間40分切りに向けてのおおまかなトレーニングプランとして、24週間を4つのフェーズに分けて取り組んでいく事に決めました。

[kanren postid=”11267″]

このトレーニングプランで最初のフェーズ1として設定されているのは、基礎づくりと故障予防に主眼を置いた「B/F(Base/Foundation) IP(Injury-Prevention)フェーズ」。

そんなフェーズ1の期間として設定していたのは昨年12月5日(月)〜今日1月15日(日)までと今日で終了。

そこで今日は洞爺湖マラソンに向けての練習を開始してから今までの第1フェーズを振り返ってみる事にしました。

フェーズ1の走行距離は600km

12月5日(月)〜1月15日(日)までの6週間に走り込んだ距離はちょうど600キロ。

ちょうど1週間で100キロ走っていた計算となります。

このフェーズ1においては、11月の頭に土山マラソンでやってしまった肉離れの再発予防のため、スピード練習は封印。

そのぶん距離を走りこむ事にしたのですが、もとよりサボりぐせのある私、自主練ではなかなか走行距離を伸ばす事ができませんでした。

そんな私にとってありがたかったのはセカンドウィンド四日市メンバーをはじめ、多くのランニング仲間の皆さんと一緒に走れる時間を多く取れた事。

おかげでペースはゆっくりでも、時間を忘れて楽しく走れたおかげで、たいして頑張った覚えもないのに気が付いたら結構な距離を走りこむ事ができていました。

身体のケアもかなり習慣化

そして走行距離を伸ばすとともに、取り組む事にしたのが3年にわたって度重なった故障予防に向けた取り組み。

そしてまずはセカンドウィンド四日市の活動等でいろいろお世話になっているカン整体さんに定期的に通うようになり、廣田院長のアドバイス一つ一つをできるだけ実践するように。

カン整体整骨院ホームページはこちら

さらに風呂上がりを中心に、ストレッチポールでのエクササイズや静的ストレッチに多くの時間をかけるようになりました。

今まではかなりケアらしいケアをした覚えがなかった私ですが、いざ念入りにケアを実施するようになると、今までどこかに感じていた身体の違和感らしきものもほとんどなくなり、また練習での疲労も早く抜ける感覚があってといいことばかり。

なぜ今までやってこなかったのかという大きな後悔とともに、今後も継続してやっていこうというモチベーションにもつながりました。

今後の課題は早朝練習の継続

なんだかんだで月間走行距離400キロペースで走り込みができ、故障予防に向けたケアも習慣づいてと、基礎づくり+故障予防フェーズのテーマに沿った取り組みはある程度できていた気がしています。

そんな私ですが、課題として残ったのが早朝練習を思ったほど継続できなかった事。

当初早朝練習を平日は毎日実施と考えていたのですが、寒さに負けてサボってしまった日もかなり多くありました。

これから走行距離をさらに伸ばしていく事に加えて、練習の質も徐々に高めていく事を考えると、早朝練習くらい続けられない根性なし状態では、到底目標には近づく事ができません。

・・・というわけで明日からスタートするフェーズ2においては、まず早朝練習の習慣化を第一目標に、そしてここまで封印してきたスピード練習も徐々に復活させていこうと思っています!!

トレーニングプランを組むうえで参考にさせていただいている書籍

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 肥満度を測定するBMIの数値より減量の必要性を再認識することに

  2. 腰高フォーム至上理論(?)から私を完全に解き放ってくれた「4スタンス理…

  3. 久しぶりに富双緑地公園にて早朝クロカンジョグを実施

  4. 富双緑地のゆるい下り坂を利用してのウィンドスプリントを早朝練習に導入

  5. 久しぶりの400mレペティションで感じたスピード復活への手応え

  6. 伊賀市田代池スタート、クロカン・トレラン・峠走コースを満喫してまいりま…

  7. ひたすらランジを続ける事で坂道をグイグイ力強く走れる身体をつくろう

  8. 脂肪燃焼と土山マラソン後半のエネルギー切れ対策に向けて早朝ジョグを今更…

スポンサードリンク

TWITTER