中央緑地公園ナイタートラックで400mインターバルX10本

今日は火曜夜のSWAC四日市練習会でしたが、GW最終日の夜という事もあり、参加メンバーはコーチ陣のみ・・・

・・・という訳で、今日は中央緑地公園内陸上競技場トラックにて、ナイター環境でのポイント練習を実施しました。

IMG_0574

練習メニューは400mインターバルX10本。

400mと言うと短く感じる方も多いかと思いますが、実際に走ってみると結構長い距離で、さらにある程度ペースを上げて走ると心折れそうになってしまいそうになります。

 

そんな400mのインターバル、去年の今頃であれば1本を1分15秒のペース(キロ3分7秒ペース)で10本を走り切れていました。

・・・が半年程故障等で自主練ができず、復帰してもいまいち調子が上がってこない自分にとって、上記ペースは到底不可能なペース。

と言いますか、どのくらいのペースであれば10本を走りきれるか、現状の自分の力がいまいちよく分かりません。

そこで今回はメンバーの方に1本1分25秒のペース(キロ3分32秒ペース)をつくっていただき、そのペースについていく事にしました。

 

練習を開始してまず最初に実施したのはキロ5分半〜5分前後のペースでの2キロジョグ。

今日は今の時期にしては涼しく、風も強く吹いていましたが、少し速めのペースでジョグした事もあって、いい感じに身体も温まったところでインターバルを開始する事ができました。

 

そうしてスタートしたインターバル、1本目こそ設定通りのペースにて余裕ある感じで疾走期を走り切る事ができ、レスト(緩走期)は200mを少しゆっくり目のペースでつないで2本目をスタート。

そして2本目、3本目と回を重ねるごとに呼吸の乱れが激しくなってきて、足も思うように動かなくなる感じに・・・

「前に引っ張っていただく方がいなかったら、絶対に途中でやめているよな・・・」などと考え続けながらも、全く乱れる事のない正確すぎるペースメークで引っ張っていただいたおかげもあって、気がつけばあっという間に400m10本のインターバルは終了しました。

 

走り終わって思ったのは、「もしかするとあと2〜3秒前後であれば、ペースを上げても走り切れたかな?」という事。

それと同時に、去年の今頃のペースで走りきれるのは、おそらく1〜2本程度しか無理という気もしました。

・・・とは言うものの約1ヶ月前、自主トレを復活させた時期に比べれば、着実に走力は向上しているのを実感する事ができました!

 

ただ今の時期にメインでやるべき練習は、インターバル走ではないような気がしてきているため、明日からはあるランニングの名著に書かれた内容に従って、練習を実施していこうと考えています。

そんな名著については、明日の記事にて紹介させていただきたいと思います!!

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランニングチーム・セカンドウィンド四日市を運営。 将来的には誰もがいつでもどこでも気軽にランやウォークなどのスポーツを楽しめる総合型地域スポーツクラブ創りを目指しています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 自分自身はDNSとなった「別府大分毎日マラソン」のお土産をいただきまし…

  2. 久しぶりの400メートルインターバル走で痛感させられた現状の自分の走力…

  3. ひさしぶりの1kmインターバルで無様な撃沈・・・ですが焦りは禁物

  4. 病み上がりのため富双緑地公園で軽めのジョグを実施予定でしたが・・・

  5. 人生初整体で感じたランニングにおけるメンテナンスの重要性

  6. 昨日よりはじめたりんごダイエット、1日目よりまさかの2.2キロ減?

TWITTER