2017年の走り込みは菰野のロード→トレイルコース32キロ走からスタート

新年2017年がスタートした昨日正月は、ゆるく10キロほどを走っただけで終わりましたが、今月1月はできるだけ距離を走り込んでいこうと思っています。

そんな私が今日の早朝より向かった先はと言いますと・・・

菰野庁舎スタートで32キロロード→トレイル走をスタート

img_1205

今日は朝7時に菰野庁舎に到着。

その目的は菰野の某ランニングチームさんの30キロ走に参加させていただくため。

昨年もクリスマスの日に30キロ走をご一緒させていただいたばかりでしたが、その時に新年も・・・と私よりお願いし、早速今日実施いただく事となりました。

コースはアップダウンありトレイルありの難コース

img_1220

今日走ったコースは昨年クリスマスに実施いただいた時と同じく、かもしかマラソンのコースの一部を走ったり、きつい山道を走ったりの難コース。
[kanren postid=”11611″]
加えて昨年末3日間で100キロ超を走り込んで、さすがに脚には疲労も残っていて、スタート直後はキロ6分前後のペースでも足どりはかなり重く・・・

ただ走り進めていくと、徐々に疲労も抜けてきたようで、トレイルコースに入る一歩手前の尾高観音付近に来ると、脚が急に軽くなる感覚がありました。

img_1207

トレイルは今後も継続してやっていく必要あり

img_1217

・・・とは言っても山道に入ると、上りでは思うように駆け上がっていく事ができず、下りでは怪我が怖くペースを上げれずと、トレランの下手くそさは相変わらず・・・

ただ少ない時間で心肺に刺激を入れられ、苦手な上り対策を景色や地形の変化を楽しみながらできるトレランは、私の弱点克服の意味合いから考えてもかなりの魅力。

さらに寒い今の時期は、私が苦手な虫や蛇なども出る可能性がかなり少ない点も、今の時期にトレランをメニューに組み入れる大きな魅力となります。

・・・というわけで特に1月2月の間は、トレランを定期的に取り入れ、弱点補強につなげていこうと考えています!

1月もじっくり走り込み重視で

11月の土山マラソンでやらかしてしまった右ハムストリングの肉離れ。

もうすでに痛み等はなくなっているのですが、肉離れはそう簡単に完治しない故障という事で、あとしばらくはペースを上げて走るのはかなりリスクが高い気がしています。

そこで1月も重視していこうと考えているのは、ペースを上げずに、距離をじっくり走りこむ練習で、長い距離を走りきるための持久力ある脚づくり。

マラソンの土台となる持久力ある脚づくりができれば、どんな練習にも対応できることはもちろん、故障予防にもつながることは間違いありません。

・・・とは言え、長い距離を走りこめば、当然疲労も溜まるということで、ストレッチ等の身体のケアは万全に、無理なく走行距離を積み重ねていこうと思っています!!

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 腰に負担の掛からないランニングフォーム改造に着手しよう!

  2. お盆も明けたという事で早朝ランニングを再開

  3. やはり思うように走れないため補強トレーニングで身体の土台をしっかり作ろ…

  4. 怒涛かつ貴重な経験続きだった8月もはやいもので今日で終了

  5. 身体の違和感を感じた時の頼みの綱は「ストレッチポール」

  6. 犬山ハーフ翌日という事で今日は念入りに身体のケアを実施

  7. 3ヶ月半後の洞爺湖マラソンに向けて現状の自分の実力をチェックしてみまし…

  8. 腰の違和感完全解消への鍵はストレッチポールエクササイズにあり?

スポンサードリンク

TWITTER