久しぶりの志氐神社参拝ウォークで走り(歩き)出した時の原点に立ち返る事ができました

ここ最近はなぜかいろいろな意味で原点に立ち返るような出来事が続いている私。

今日も早朝より原点に立ち帰れるような出来事がありました。

久しぶりに早朝ノルディックウォーク

img_0877

今日も早朝5時起きして、ウォーミングアップを始めると、足の甲になんとも言えない違和感が。

今までなら放置して、走り出していたところですが、ちょっとした違和感をそのままにして故障につながっていたここ3年ほどの反省を生かして、今日はノルディックウォークを実施する事に。

瀬古利彦さんはすべてのマラソンランナーに伝えたいことの著書で、大学時代に自分のフォームを固めるために、下宿先から約5キロの道のりを、腕振りを意識するため手に石を持って歩いていたと書かれていました。

そんな瀬古さんを見習って、石の代わりにノルディックウォークのポールを持って、フォームを意識しながらノルディックウォークをスタートしました。

すべてのマラソンランナーに伝えたいこと
瀬古 利彦
実業之日本社
売り上げランキング: 332,063

走り始めるきっかけとなった志氐神社参拝ウォーク

img_0878

向かった先はいつもの早朝練習の定番目的ポイントである志氐神社。

この志氐神社までのウォークは、7年前の4月にダイエット目的にはじめた事。

当時の私はサラリーマン時代最大の挫折とも言える出来事を経験して、ストレスでブクブク太っていた時で、何かに救いを求めるように当時住んでいた霞ヶ浦駅のすぐ近くにある自宅から約500mほどのところにある志氐神社まで歩く事にしました。

歩きはじめて感じたのは、普段車で走っていても気づかないような一つ一つの景色が、すごく新鮮に見えたこと。

その時までの自分は仕事などに忙殺されて、周りの景色など大して気にしたこともありませんでした。

ただいざ周囲の景色を見回しながら歩いてみると、自分が住んでいた自宅の近くでも「こんな店があったんだ」「この石像は一体なんだ?」・・・と新しい発見の連続。

そんな一つ一つの発見が本当に楽しく、もっと遠くの地元の景色も見てみたい・・・その事が私がウォーキングからランニングに切り替えた大きなきっかけだった事を思い出しました。

志氐神社で祀られている気吹戸主はお祓いの神様

img_0882

志氐神社に祀られている神様は気吹戸主(いぶきどぬし)神様。

この神様は祓いを司る神で、日本のの罪・穢を祓い去る神と言われています。

歩きはじめた当時の私はいろいろな人を憎んだり、妬んだりで心の中が汚れきっていた気がするのですが、走り(歩き)はじめてしばらくするとそのような感情はきれいさっぱりなくなっていました。

それにひきかえここ最近の私はといえば、何をやっても上手くいかない感があるからか、知らず知らずのうちについ悪い感情が続々と芽生えがち。

そんなまたまた汚れはじめた心をお祓いすべく、志氐神社でお参りさせていただきました。

心の汚れもお祓いできたという事で・・・

img_0884

そして参拝を終えて歩き出すと、違和感のあったはずの足の甲の違和感がきれいさっぱりなくなっていました。

きっとあの足の甲の違和感は、私の心の汚れが溜まったもの・・・そんな事を考えながら歩いていると、東側には綺麗な朝焼けが。

この朝焼けのきれいさも多分ランニングを始めてなかったら、一生気づく事ができなかったかもしれません。

・・・と今日は朝よりランニングを始めた頃の原点に立ち帰れたという事で、あの7年前の当時よりは多少は成長できたところを自分自身で実感できるような行動を、今後はより一層心がけていきたいものです!!

 

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!