「青山駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング」は身体のケア最強のメソッド?

右ハムストリングの肉離れによりフルマラソン途中棄権の屈辱を味わってから、真面目に身体のケアを実施するようになっている私。

そんな私が現在最も参考にしている書籍は、今最も陸上長距離業界でホットな話題を提供してくれている・・・

箱根駅伝優勝候補の筆頭のケア方法を学ぼう

青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング

来年の箱根駅伝でダントツの優勝候補の筆頭と言われているのが青山学院大学。

今年2016年は箱根駅伝、出雲駅伝、全日本大学駅伝の3大駅伝を全て制している圧倒的な強さを誇る青学ですが、その強さの一つに故障者が少ないことが挙げられています。

その理由として言われているのが、身体のケアの徹底。

青山学院大学の選手たちはどの大会にあっても、最後の最後まで会場に残ってストレッチなどの身体のケアを徹底しているそうです。

そんな青学の身体のケア内容について紹介されているのが、青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング

現在絶賛身体のケア方法を勉強中の私、この書籍が発売されるや否や購入を決意することとなりました。

スーパーストレッチは本当に効果があるのだと思いますが・・・

この には青学が実施しているストレッチメニューが、「スーパーストレッチ」と本当に効果がありそうなネーミングがなされて紹介されています。

・・・のですが身体が異常なほど硬い私、このスーパーストレッチを見本通りにちっともできず、まずはこのスーパーストレッチを実施できるだけの柔軟性を確保するためのストレッチが必要な有様です・・・

家のオブジェとなっていたバランスボールの活用法も掲載

そんな青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニングに掲載されているメニューの中で今後最も期待しているのが、バランスボールを使ったトレーニング。

だいぶ前から家にあることはあったものの、ほとんど使われることなく、部屋のインテリア的になっていたバランスボールですが、この書籍の登場により陽の目を見ることとなりました。

この書籍に掲載されているトレーニングを行うと、骨盤周辺がよく動くようになるとのこと。

この事は私自身にとってはもちろんですが、骨盤を動かすのが苦手なセカンドウィンド四日市メンバーの皆さんの改善指導にも大きな効果が期待できるように思っています!

ストレッチポールによるセルフマッサージ方法も掲載

img_0687

そしてこの書籍には、ここ最近私自身身体のケアのためよく使うようになったストレッチポールを利用しての、セルフマッサージ方法も掲載されています。

実際紹介されているとおり、ストレッチポールを使ってマッサージをしてみると、結構な痛みが生じる部位がいくつかあります。

逆に言えばこの痛みが出るところが、今筋肉が凝り固まってしまっている証拠と言え、ここが改善できれば故障のリスクも大きく減らせるような気がしています。

アイシング方法なども掲載

この本には他にもアイシングの方法や、食事のノウハウなどについてもいろいろと紹介されています。

アイシングは今までセカンドウィンド四日市メンバーにはススメておきながら、自分自身が怠ってきたある意味最強の身体のケア方法。

また食事ノウハウについても理論先行で、ほとんど自分自身の食事に反映されていないという情けない状況のため、早期の改善が必要であることを思い知らされることになりました。

他にも青学が現在大学駅伝最強と言われるチームを作り上げたノウハウが数多く紹介された青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング

今後も時間があればなん度も読み返してみることで、セカンドウィンド四日市のチーム作りに反映させていければと思っています!!

今回の記事で紹介させていただいた書籍

セカンドウィンド四日市 新規会員募集中!

詳しくはこちら
Copyright 2017 らんしすのマラソンブログ