チーム全体で故障を激減させるための「身体のケアメニュー作り」を目指して

土山マラソンで肉離れによる途中棄権を経験してから、生まれ変わったように身体のケア方法などについて勉強、そして練習前後、そして就寝前に実践するようになりました。

ただ私の場合、自分一人が故障しない事を考えればいいというわけでは全然ないという事で・・・

セカンドウィンド四日市メンバーにも故障予備軍がいっぱい・・・

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

2016年も残すところあとわずかとなりましたが、主要レースを終えたセカンドウィンド四日市メンバーより、どこかしらの身体の不調を聞かせていただく事が多くなってきました。

そんなメンバーの方の話をよく聞かせていただいていると、日常よりストレッチなどのメンテナンスをほとんどしていない方がほとんど。(全く人のことが言える立場ではないのですが・・・)

マラソンを続けていれば、故障はどうしてもつきものと言ってしまえばそれまでですが、日頃よりちょっとでも身体のケアに気を配るようにしていれば、避けられた故障もあったというのが、故障続きだった3年間でのなにより大きな反省。

メンバーの皆さんには、ここ3年ほどの私のような事には絶対なって欲しくありません。

ストレッチポール講習を試しに実施してみました

img_0741

・・・というわけでふと思い立ったのが、ここ最近長く続いた腰の違和感を取り除いてくれるなど、私自身その効果を実感しているストレッチポールのエクササイズを、メンバーの皆さんに教える事。

一応私、ストレッチポールの基本的なエクササイズ方法を教えるトレーナー資格を、6年ほど前に取得しています。

なぜかセカンドウィンド四日市メンバーのストレッチポール保有率は高く、そのほとんどの方がほとんど使っておらず、自宅のオブジェとなっているとの話。

そこで昨日は橋北市民センターさんにて会場をお借りして、お試し的な形でメンバーの方にストレッチポールの基本的なエクササイズを教える時間をつくってみました。

今回は突然の告知、また忙しい金曜夜の開催だったという事で、3名のみの参加となりましたが、今後もこうした機会を定期的に設けて、メンバーの皆さんにはなにより身体のケアに関する意識づけをしていきたいと思っています。

短時間で簡単にできるケアメニューを考案しよう

bce307b744389626119f1fa48122d360_s

・・・というわけで今後は私自身だけでなく、セカンドウィンド四日市メンバーにも身体のケアにしっかり取り組んでいただきたいと思っているのですが、いちばんの障害は「時間がない」という事。

セカンドウィンド四日市メンバーの皆さんは仕事や家事などで忙しい方が多く、練習のための時間を割くだけでも大変なのに、それに加えて身体のケアのためにも時間を割かなければならないとなると、1日どれだけ時間があっても足りないという方がほとんど。

そこで今後私が考えていかなければならないのは「短い時間でもこれだけやっておけば確実に故障は減らせる・・・」と断言できるような身体のケアメニューを編み出す事。

今の情報社会では身体のケア方法についてはストレッチでもセルフマッサージでも、いくらでも情報を手に入れる事ができるので、一からメニューを考える必要はありません。

自分に大切になってくるのは氾濫している身体のケア方法に関する情報の中で、どのメニューが本当にいいかを厳選して、その厳選したメニューをメンバーの皆さんが日常より実践できるような仕組みを作っていく事。

そんな仕組みづくりについてはまた後日書かせていただくとして、今はまず何より自分自身が身体のケアにも多くの時間をとって、いろいろなメニューを実践する事で、自分の身をもって本当にいい身体のケアメニューを選び抜いていこうと思っています!!

 

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!