ご先祖様へのお墓まいり途中に気づいた、洞爺湖マラソンに向けて12月中に自分がやるべき事

11月は土山マラソン途中棄権にしてもそうですが、何をやるにしても、うまくいきそうでなかなかうまくいかない事ばかり起こっていた感のある私。

12月は目前に迫った1月からのスタートダッシュに向け、少しでもしっかり準備を進めておきたい大切な1ヶ月に当たるという事で、月初恒例にしている場所に行ってきました。

ご先祖様へのお墓まいりへ

今日は毎月月初の恒例としているご先祖様のお墓まいりへ。

11月だけでなく、8月の下旬ごろからどうもよくない出来事ばかり起こっていた気がするのですが、どの出来事もすんでのところで大事に至らず済んでいます。

それもこれもご先祖様が見守ってくださっているおかげ。

そんな事を思いながら、ただただ感謝の気持ちを念じさせていただきました。

全ての責任は自分にある

そんなお墓まいりの途中、ずっと9月から続いた良くない出来事について考えていたのですが、いざお墓まいりをしていた時、ふと思ったことがありました。

それはすべての良くない出来事の原因は、自分の今までの行いにあるという事。

土山マラソンでの途中棄権について言えば、十分な練習時間が取れたはずなのに、いろいろ理由をつけてどうでもいい仕事に逃げてしまったりで、全然走り込みが行えてこなかった事がまず1つの原因。

また棄権の原因となった肉離れにしても、今年に入って2回も同じ箇所をやってしまっているにもかかわらず、完治に向けてこれと言った処置もしなかった事も原因。

ここ最近の故障の要因が柔軟性の欠如がかなりの部分をしめているにもかかわらず、ストレッチ含めケアを絶望的に怠ってきた事も原因。

すべて自分の怠慢が原因で起こった事で、自分の行い一つでなんとでもできた事ばかり。

他の良くない出来事についても同様のことが言え、自分がやるべき事をしっかりやっていれば、どの出来事も起こらずに済んだ事。

全ての起こる出来事は、全て自分が今までやってきた事の結果である・・・そんな事を何かの自己啓発書で読んだ気がするのですが、まさにそのとおりである事を痛感することとなりました。

12月のこれから自分がやるべき事

・・・というわけでここ最近の良くない出来事の原因が、全て自分にあるという当たり前の事が分かった時、重要な位置付けにある12月に自分がやるべき事が決まりました。

それは「全ての結果は自分に責任がある」事を理解したうえで、自分がやると決めた事を、一つ一つ着実に実行していく事。

その事以外に、9月から続く悪いサイクルから抜け出すことは絶対にできません。

そんな私が洞爺湖マラソンで2時間40分切りを達成するために今できる事は、マラソンの全ての土台となるスタミナ強化に向けジョグで、小刻みに走行距離を積み重ねていく事。

そして致命的に欠如している柔軟性を高め、故障予防に向けた身体のケアを習慣づける事。

この2つだけで十分です。

いざ練習を再開すれば、つい無理してペースを上げてしまったり、身体のケアに時間を取るくらいならもうちょっと走ろう・・・などという方向につい行ってしまいそうですが、今の自分がやるべき事は故障しない身体の土台を作る事である事を忘れず、そろそろ洞爺湖マラソンに向けて、本格的に練習再開に向かっていきたいと思っています!!

 

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!