来年に向けての指針を固めるため「本田健・未来を開く手帳2017」を購入しました

11月も残すところあとわずかとなって、もう12月も間近なところまで来ています。

12月からはいろいろな取り組みを新たに同時進行で進めていくことになりそうなのですが、やることは膨大で、本来今やるべきことは何であるのか、自分自身でも見失ってしまう可能性大・・・

そんな私にこれ以上ない指針となりそうな手帳が販売されている事を知り、即座に購入を決断してしまいました。

本田健未来を開く手帳2017を購入しました

本田健 未来を開く手帳2017

先日ふと本屋に立ち寄った時に、いろいろ陳列されている来年2017年の手帳の中で、すぐに目にとまった手帳がありました。

その名も「本田健 未来を開く手帳2017」。

題名だけを見れば、ちょっとスピリッチュアルな匂いが漂う題名ですが、私が何よりも惹かれたのはこの手帳を監修する本田健氏のお名前。

このお方が書いた書籍は、今までなんとなく人生を生き続けてきた自分の考え方を大きく変えるきっかけをつくってくれました。

本田健氏の著書は私にとって人生の指針

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

私が本田健氏の著書「ユダヤ人の大富豪の教え」を知ったのは、ストレッチポールを販売しているLPN社の創業者・吉武永賀さんの講演会を聞かせていただいた時、吉武さんが人生を変えた書籍としてこの本を紹介された時でした。

ストレッチポールを皮切りにビジネスを成功された吉武さんの話は面白いだけでなく、かなり説得力があり、本当に心惹かれるものだったのですが、その方が紹介されている本なら絶対にためになるに違いない。

そんな事を考え即座に購入した「ユダヤ人の大富豪の教え」でしたが、本を読み始めるや、当時の自分のモヤモヤしているものがどんどん晴れていく感覚があり、あっという間に読了。

その後も何度か私に訪れた転機とも言える時期には、いつもこの本を開いて、自分の進むべきを決めたほどの、まさしく私にとって人生のバイブルとも言える本です。

まずは手帳の使い方を学ぼう

img_0392

・・・というわけでそれほど辛抱している書籍の著者が監修された手帳という事で、迷う事なく購入した「本田健 未来を開く手帳2017」ですが、当たり前と言えば当たり前のことに、今まで使っていた手帳とは中身が全く異なります。

せっかくいい手帳を持っていても、その正しい使い方(書き方?)を知らなければ、おそらくこの手帳を買った意味は全くありません。

・・・というわけでとりあえず手帳に付属されていた「なぜ手で文字を書くと夢は叶うのか」という小冊子を読むことからスタートしてみることにしました。

そんなこんなをしている間に11月も残すところ、あと3日ほど。

この3日間でこの「本田健 未来を開く手帳2017」の使い方をマスターして、12月からはこの手帳を本格的に運用して、文字通り自分の未来を切り開いていくきっかけとしていきたいものです!!

 

らんしす・SWAC三重関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 箱根駅伝シーズンになると絶対観たく・読みたくなる「風が強く吹いている」…

  2. 年度末も迫る絶妙のタイミングで読ませていただいた「海賊とよばれた男」

  3. 「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」を読んで神社参拝ルールを学ば…

  4. 池井戸潤著の「陸王」を読んでさらに気分はリフレッシュ、爽快感を味わえた…

スポンサードリンク

TWITTER