「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」を読んで神社参拝ルールを学ばせていただいたという事で・・・

私が約7年前に走りはじめたのは、何もかもがうまくいかず途方に暮れていた時、何かに救いを求めるかのように、当時の自宅から1キロほどのところあった志氐(しで)神社まで歩き始めた事がきっかけでした。

その志氐神社参拝をきっかけに、走る事の楽しさを知れたり、多くの人との恵まれた繋がりができた事を考えれば、自分にとって神社は人生の恩人(?)とも言える存在です。

現在も週に1度は行っているくらい神社参拝を恒例としている私にとって、どうしても見逃す事のできない書籍がベストセラーになっているという事で・・・

「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」を購入しました

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

今回購入した書籍は成功している人は、なぜ神社に行くのか?なる書籍のkindle(電子書籍)版。

以前より本屋に立ち寄るたびに購入するかどうか迷っていた書籍なのですが、ここ最近はマラソンに関する知識を充実させる事を最優先にしていたため、いつも購入するのを我慢していました。

・・・がここ最近マラソンのことばかり考えすぎて、どこか頭が煮詰まってきている感が出てきたため、気分転換の意味も込めて、kindle版をマイipadにダウンロードして読んでみる事にしました。

神社に熱心に参拝しなかった天下人はゼロ?

この書籍ではタイトルのとおり、古くは平清盛、源頼朝、足利尊氏、豊臣秀吉、徳川家康と、歴史上当時の天下人(成功者)となった人は全て神社に熱心に参拝していて、そうでない天下人はゼロであった事が紹介されています。

また近代でも安倍総理や小泉元総理、またパナソニックの創業者松下幸之助氏など名だたる成功者の方々は、神社に並並ならぬ信仰を注いでいたとされています。

私も一時は毎日のように神社に参拝し、今でも事あるごとに参拝を続けているにもかかわらず、なぜ成功者の一人になれないのか・・・などと思いながらページをめくっていっていたのですが、読み進めて行くうちに参拝の仕方自体が間違っていた事に気がつきました。

早速神社参拝時の念じ方を見直そう

img_8900

私が神社参拝で恒例にしていることは、ご先祖様をはじめ周囲の方々に感謝の気持ちを念じる事。

この本を読んでいるとその事自体は間違っていないのですが、参拝時のマナーにマズイところがあったり、他にも参拝時にやるべき事がたくさんある事を知りました。

そんな中でも早速実践する事にしたのが、神社で手を合わせて参拝するとき下記のように心の中で念じる事。

四日市市〇〇町〇〇-〇〇の多田夏彦です。参拝させていただき、感謝申し上げます。家族が無事1年をすごせますように。はらいたまえ、きよめたまえ、かむながら、まもりたまえ、さきたまえたまえ」

この祈り方で、祈りが通じ、願いを叶える事ができるそうです!

早速近所の茂福神社にて参拝

img_0305

他にも「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」には神社参拝を習慣にしておきながらよくわかっていなかった神社参拝時のマナーなどが、わかりやすく・面白く・説得力ある言葉で書かれており、まさに目から鱗の内容。

ここ最近ランニング自体を休んでいるため行けていない神社に行きたくて仕方なくなる内容で、あっという間に最後まで読み終えてしまいました!

そして読了後は早速自宅のすぐ近くにある茂福神社にて参拝。

この自宅近くにある神社(鎮主様)で何を念じればいいかについても、「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」には書かれています。

・・・というわけで本に書かれた内容を早速実践して参拝してみたところ、気のせいかいつも以上に気分がスッキリ!

明日からも「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」に書かれている内容をできる限り実践していこうと思っています!!

 

今回の記事で紹介させていただいた書籍

成功している人は、なぜ神社に行くのか?
八木龍平
サンマーク出版
売り上げランキング: 273

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!