フルマラソンの目標タイムに応じた走力別適正練習ペース一覧表を完成させよう!

来月12月でセカンドウィンド四日市の練習会がはじまって6年目に突入することに合わせて本格的に着手する事にした、「忙しい人でも少ない時間で最大の効果を得られるマラソンランナー一貫育成システム」づくり。

少ない時間で最大限の効果を得るためにできる事は数多くありますが、私自身が最も重要と考えているのは走力に合わせて適正ペースで走る練習を実施する事。

逆にどれだけ練習を頑張っても、練習目的に応じたペースで走っていないと、その練習効果は大幅に落ちてしまい、結果として効率良く走力アップする事にはつながりません。

そこでマラソンランナー育成システムづくりに向けて最初に取り組む事にしましたのが・・・

走力・練習メニュー別適正ペース一覧表をつくろう

昨日は早朝の時間帯からパソコンと一冊の本を片手に、ある一覧表を作っていました。

その一覧表と言いますのが、走力別の各練習メニュー(距離走、インターバルなど)の適正ペースの一覧表。

この一覧表を作った一番の理由はセカンドウィンド四日市のメンバーの皆さんに、日頃からフルマラソンレースの目標タイムに向けて意識すべき練習ペースを把握しておいていただきたいから。

またセカンドウィンド四日市メンバーの中には日頃より仕事や家事などで忙しく、どうしても練習会に参加しづらい方も多くいらっしゃいます。

そんな練習会になかなか参加できないメンバーの方でも、走力別の適正ペース一覧表があれば、練習会だけでなく日常より適正ペースで走る高効率メニューを実施できるようになるのではと思っています!

適正ペース一覧表のベースとなるのはVDOT

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版
そんな一覧表づくりにむけて大いに参考にさせていただいているのが先日の記事でも紹介させていただいたダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版に掲載されている「VDOT」の一覧表。

この一覧表は多くの実験データなどに基づいてつくられている極めて秀逸なもので、私自身今までセカンドウィンド四日市メンバーの皆さんの練習ペースを設定するうえで、とんでもなくお世話になっています。

VDOTを日本の市民マラソンランナー向けにアレンジしよう

そんな極めて優れた一覧表であるVDOT、コピーしてそのままメンバーの皆さんにお渡しする形でも問題ないといえばそれまでなのですが、このVDOTの一覧表には専門用語などが入っており、おそらく多くの市民ランナーにとっては頭の中が「?」となってしまう内容。

私が今後作っていきたい「忙しい人でも少ない時間で最大の効果を得られるマラソンランナー一貫育成システム」づくりにおいて一番大切にしていきたいのは誰もが理解しやすい噛み砕いた内容にしていく事。

そのためにはこのVDOT一覧表も、多くの市民ランナーの皆さんにとって極めてわかりやすいものに作り変えていかなければならないと思っています。

そこで今回作成した一覧表は、フルマラソンの目標タイムを起点としたもので、練習メニューもVDOTの一覧表で使われている専門用語(?)を、日頃よりセカンドウィンド四日市で実施している定番メニューに置きかえて。

あとは無理せず段階的に走力アップいただくため、徐々に一定のペースで練習負荷を上げていけるよう数字の調整も入れて、とりあえず一覧表は2時間ほどの作業で完成しました。

完成はまだまだこれから

・・・というわけで昨日は早朝より市民マラソンランナー向け練習適正ペース一覧表を作成したわけですが、この一覧表は現段階ではとりあえずデータにある程度基づいた数値が入ったというだけで全くの未完成。

今後この表の数字を一つの目安に練習を実施していって、メンバーの皆さんが目標を達成されたとき、はじめてこの一覧表は信頼を得ることができると思っています。

・・・というわけでまだまだ「忙しい人でも少ない時間で最大の効果を得られるマラソンランナー一貫育成システム」づくりはまだ始まったばかりですが、まずこの適正ペース一覧表の完成度を上げていくとともに、メンバーの皆さんの効率の良い走力アップにつなげていきたいものです!!

今回の記事で紹介させていただいたランニング書籍

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版
ジャック・ダニエルズ
ベースボール・マガジン社
売り上げランキング: 5,580

らんしす・SWAC三重関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!