ダニエルズのランニング・フォーミュラをベースにマラソンランナー一貫指導システムづくりに着手しよう!

今年の11月で6年目の活動に突入したセカンドウィンド四日市ですが、練習会をスタートしたのは5年前の12月からと、練習会の方は来月より6年目に突入することになります。

その6年目よりは、私がチーム創設よりずっと作ろうと思っていた「忙しい人でも少ない時間で最大の効果を得られるマラソンランナー一貫育成システム」づくりに向けて、本格的に動いていこうと考えています。

そんな育成システムの土台づくりに向けての参考資料として、私が絶対的な信頼を寄せているのがダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

約3年前にはじめてこの本を読んで以来、マラソン指導に迷った時の指針となり続けてくださったその書籍にがどのようなものかと言いますと・・・

著者は世界一の指導者とまで言われるジャック・ダニエル氏

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

私が絶対的な信頼を寄せるダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版の著者は本のタイトルにもなっているジャック・ダニエル氏。

ジャック・ダニエル氏は自身も2度のオリンピックメダリスト、世界選手権での優勝実績もあるうえ、世界トップクラスのランナーの中長距離指導者として活躍するなど、そのキャリアは50年以上に及び、権威あるランニング雑誌において「世界一の指導者」とまでの評価を得られています。

またアメリカとスウェーデンの大学院にて、長距離走に関する調査研究を長年行い、博士号を取得するなど運動生理学にもかなり精通されています。

そして現在はオリンピック代表選手の指導に加えて、大学の准教授としても活動されています。

ランニング・フォーミュラの最大の売り

そんなジャック・ダニエル氏が書いたランニング・フォーミュラの一番の売りは、説得力ある科学的根拠に基づいて、最小限の努力で効率よく走力アップするためのまさに答えが書かれている事。

なかでも走力別にインターバルやペース走などの各メニューにおいて、どのようなペースで走ったりいいかが一目でわかる「VDOT」と呼ばれる一覧表は極めて秀逸で、また各練習メニューの練習目的についても詳しく分かりやすく掲載されています。

私自身、この書籍を初めて読ませていただいた時は、「こんな本を探していたんだ・・・」というなんとも言えない興奮であっという間に最後まで読み進めてしまったのを覚えています!

より分かりやすく誰もが実践できるシステムづくりに向けて!

そんな名著中の名著と思っているダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版ですが、難点は専門用語が多く、多くの市民ランナーの方々にとっては少し分かりにくい内容になっている点。

また初心者の方からフルマラソン5時間切りを目指す方には、ちょっと敷居の高い内容になっている気もします。

ただこの書籍に書かれている内容は誰であっても走力に確実につながる内容であることは間違いないと確信しています。

それほどこの書籍を信奉している私がこれからやっていくべき事は、この書籍に書かれた内容をより噛み砕いて分かりやすく、そして日本人の市民ランナーの方向けに実践しやすい内容とする事!

そんな指針も明確になってきたという事で、これからしばらくはこの書籍をさらにしっかり読み込んで、最高のマラソンランナー育成システムづくりの土台としていきたいと思っています!!

今回の記事で紹介させていただいた書籍

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版
ジャック・ダニエルズ
ベースボール・マガジン社
売り上げランキング: 5,580

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 驚くほど充実したまさにマラソンのためだけの東京出張(?)3日間となりま…

  2. 因縁の土山マラソンコース試走をセカンドウィンド四日市で実施

  3. セカンドウィンド四日市の2016年は初走り・多度大社参拝ランよりスター…

  4. 霞ヶ浦緑地→霞埠頭3時間LSDの途中には思わぬご褒美ショットが・・・

  5. セカンドウィンド四日市の秋〜年末レースに向けた強化計画に沿ってそろそろ…

  6. SW四日市メンバーとの走りこみ二部練で今日1日の走行距離は44km越え…

  7. 滋賀遠征での疲れが取れていないわりにはヒルトレ・インターバルでしっかり…

  8. 2017年度は今後のメイン拠点となる2+1つの場所にて活動をスタート

スポンサードリンク

TWITTER