大学駅伝強豪校の青山学院が実施する「青トレ」メニューをベースに動的ストレッチメニューを見直そう

ここ3年ほど故障続きとお粗末な結果に終始している私とは対照的に、セカンドウィンド四日市メンバーの皆さんは10月、11月のレースで自己ベスト更新ラッシュ。

シーズン最初からこの更新状況では、メンバーの皆さんが本命としている2〜3月のレースでどこまで記録を更新されるのか楽しみな状況となっています。

・・・がメンバーの皆さんは現状に満足しておらず、これからどうすればもっと記録更新をできるか真剣に考え出す方も増えてきました。

そんなメンバーのモチベーションに応えるために、私自身これから年末にかけてセカンドウィンド四日市練習メニューの大幅改善を考えているのですが、まず取り掛かる事にしたのは・・・

現在のウォーミングアップメニューは動的ストレッチ中心

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

セカンドウィンド四日市では昨年度末まで、屈伸や伸脚などいわゆる準備体操をウォーミングアップで実施していました。

・・・が箱根駅伝で連覇を果たした青山学院大学が、ウォーミングアップで準備体操は実施せず、動的ストレッチを実施しているとの事実とその理由を読み、今年度からは動的ストレッチをウォーミングアップで取り入れるようにしてきました。

*動的ストレッチとはランニングに近い動きを入れながらリズミカルに肩甲骨や股関節周りなどを伸ばしていくストレッチのことです。

そして現在実施しているメニューは青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチに掲載されているメニューがほとんどではあるのですが・・・

故障予防とフォーム改善につなげるためメニューを増やそう

そんな青トレ中心のメニューを続けてきたのですが、いざ私が土山マラソンでまたまた故障してしまった事がきっかけとなって、「今ままでのやり方のままではメンバーの皆さんも怪我させてしまうのでは?」

・・・そんな不安が頭から離れなくなってしまいました。

そこでまず取り組むことにしたのが、ウォーミングアップでの動的ストレッチメニューの充実。

実際青学の選手も青トレの書籍に掲載されているメニューだけを実施しているのでなく、他にもいくつかのメニューを取り入れているはず。

そんな事にようやく気付き、こんな本を購入しました。

体幹トレーニングだけではタイムは削れない!―すべてのランナーへ 「白取式」一流ランナーも実践する4部位走法

今まで伸ばせていなかった気がする部位を伸ばすメニューも充実!

・・・というわけで購入した体幹トレーニングだけではタイムは削れない!―すべてのランナーへ 「白取式」一流ランナーも実践する4部位走法の著者は青学のコンディショニングトレーナーとして活躍されている方で、掲載されているメニューは青トレに掲載されているものや似ているメニューもいくつかありました。

ただそれだけでなく自分が充実させていきたいと思っていた肩甲骨まわりをほぐすメニューが結構充実!

また以前から体幹トレーニングとして実施している「BCT」に掲載されているメニューに近い動きも掲載されてと、早速取り入れられるメニューがいくつか見つかりました!

従来実施してきた青トレのメニューから不要と思われるものを除いて、新たなメニューをいくつか加えていけば、これから実施するセカンドウィンド四日市の動的ストレッチメニューはかなり充実しそうな気配。

あとは自分自身が正しい動きでしっかり実施できるようになる事と、わかりやすく教えるスキルを磨く事で、メンバーの故障予防およびパフォーマンスアップにつながる動的ストレッチメニュー作りにつなげていこうと思います!!

 

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!