「ウィーダー・おいしい大豆プロテイン」はダイエット効果も見込めるうえ普通に美味しいプロテイン飲料

3年近い故障続きに加えて、土山マラソンで人生初の途中棄権を経験し、ようやく故障しない身体作りに向けた取り組みを本格的に取り組むことにした私。

そんな取り組みの一環が先日の(「ウィーダー・おいしい大豆プロテイン」で朝プロテインをはじめました)の記事で書かせていただいた朝プロテインです。

その朝プロテインとして現在私が飲んでいる森永製菓 ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 240gについて、今回の記事では詳しく見ていきますと・・・

味はコーヒー牛乳顔負け・・・けど低カロリー

img_0259

現在朝プロテインで飲んでいる森永製菓 ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 240gでまず特筆すべきは、コーヒー牛乳同様普通に美味しく飲めるということ。

普通プロテインというと、どうしても粉っぽくて美味しくないイメージがありますが、最初試飲させていただいた時は「あれ?」と思ってしまうくらい、美味しくいただきました。

その時のウィダーの担当者の方の話によると「ウィダーは森永ですから」と納得の回答。

そしてカロリーを調べてみると1食(プロテインパウダー20g:水150ml)で72kcalと、ほぼほぼ唐揚げ1個くらいの摂取カロリー。

この程度のカロリーなら、毎朝飲んでも体重を気にせず飲めそうな気がしています!

大豆プロテインならではのメリット

大豆プロテインの一番のポイントは低カロリーである事。

また大豆(ソイ)プロテインは牛乳からつくられるホエイプロテインに比べると吸収が遅くなる分、腹持ちがよく、ダイエットなどを理由に食事制限をされている方なら食べ過ぎを抑制する効果も期待できます。

また大豆プロテインはホエイプロテインに比べるとアミノ酸が少ない分、筋肉の修復などの効果は薄れるものの、運動前に飲むと脂肪燃焼を促進するとのこと。

また大豆プロテインは良質な筋肉を作るのを助けるアルギニンやグルタミンの含有量が多く、大豆由来の体に優しい良質なタンパク質である点も見逃せません!

現在の私は激しい運動をすることは当面控えるため、筋肉の修復というよりは、減量につなげながら、良質のたんぱく質でじっくり身体作りをしていきたいところ。

そう考えると1日の動き始めとなる朝一番の大豆プロテインは、間違っていない選択肢のような気がしています。

骨を丈夫にする効果も

そして森永製菓 ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 240gには骨の主要成分となるカルシウムや、骨の吸収を助けるビタミンDも含まれていて、骨の形成にも大きな助けとなります。

元来骨がとんでもなく丈夫と思われる私ですが、周囲の市民ランナー、特に走力の高い方ほど疲労骨折をしてしまった・・・という話をよく聞くことを考えれば、この点も嬉しい効果と言えそうです!

とりあえず続ける事が大切

・・・というわけで今回の記事では の特徴などについて紹介させていただいたわけですが、いろいろと調べているうちに朝この大豆プロテインを飲むことは決して間違っていないことを確信することができました!

ただ1日や2日飲んだだけではおそらくなんの効果も実感できないという事で、とりあえず当面はここ最近の私の一番悪いところであるすぐ飽きる病を克服して、何よりこの森永製菓 ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 240gの美味しさをモチベーションに毎日継続を心がけていきたいものです!!

今回紹介させていただいたプロテイン

森永製菓 ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 240g
森永製菓 (2016-03-08)
売り上げランキング: 8,415

 

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. ストレッチポールエクササイズのおかげか坐骨神経痛の予兆は意外とあっさり…

  2. 今回の土山マラソン途中棄権を大きなきっかけに故障完治+予防に向けた取り…

  3. バランスボールトレーニングで骨盤周りの動きを強化しよう!

  4. 早朝動的ストレッチの充実でスムーズで流れるような走りを手に入れよう!

  5. 今度こそ故障しない身体をつくるために、今最も改善すべきポイントは・・・…

  6. カン整体整骨院さんで今後のトレーニング方法について相談したところ・・・…

  7. 風呂上がりストレッチなどの身体のケアもここ最近はすっかり習慣化!

  8. 「世界一伸びるストレッチ」をはじめました

スポンサードリンク

TWITTER